肉離れ

なぜ?病院に行っても改善しない 足の肉離れが根本的に改善し、前向きな生活を取り戻すことができるのか?

なぜ?病院に行っても改善しない 足の肉離れが根本的に改善し、前向きな生活を取り戻すことができるのか?

なぜ、繰り返す肉離れが整体庵大空の施術で改善し、再発予防までできるのか?

プロ中のプロが施術するから

あなたはこんな不安やお悩みをお持ちではありませんか?

病院で肉離れと診断を受けたが改善がない

肉離れ後の慢性的な痛みが続いていてパフォーマンスが上がらない

肉離れにはストレッチや筋力強化が重要だと思っている

繰り返し何度も同じ部分を肉離れをしている

なぜ同じ部分だけ肉離れしているか原因を知りたい

こんな肉離れと一生付き合わないといけないと思っていませんか?

もしあなたが…

  • 病院で肉離れと診断されたが安静にするしかないと言われた
  • 整骨院でマッサージを受けて見たが実際体を動かすと痛みが出る
  • 同じ部分の肉離れを何度も繰り返している
  • 柔軟性がある方が肉離れの再発予防にいいと思っている
  • 肉離れを予防するために筋力強化が大切だと思っている

このようなことで悩んでいるのであればぜひこのまま読み進めて下さい。

あなたにとって、私が希望を感じれる存在であることがわかるでしょう。

医師からの推薦文

整体庵大空は医師が推薦しています

婦人科医師の推薦状

整体庵大空を推薦します!

地元新聞でも取り上げられている整体院です

取材時の動画で、少しですが整体の内容などをお話しています

お客様の声

杖なしでは歩けなかった足の痛みが改善し、登山ができました! 30歳 岐阜県岐阜市在住

お客様写真
アンケート用紙

下大前先生は「こういう先生に診てもらいたかった!」と“本当”に思えた先生です!

昨年の夏、右足首を負傷し整形と接骨院で治療を受けた結果、

半年間歩けなくなりました。(右足は自分の足ではないような感覚)

その後、色々な接骨院に行くも改善されず、困り果てた中で、下大前先生に診てもらうと、初診で「右足、自分の足じゃない感覚でしょ?」と言われ驚きました。

その後は先生の整体とヒモを使った体操によって足は徐々に改善され、先日は登山に行くことができました!

下大前先生に出会えて、本当に良かったです!

 

ー整体庵 大空で良かったことはなんですか?ー

静かな雰囲気、体を時間をかけて診てもらえる、質問すると理解しやすく優しく教えてくれる、施術は低刺激なのに1回目から確実に効果を感じられる、積極的な思考を身につけさせてもらえる(自分の体には大きな可能性が秘めているんだ!と思えました)、人体について興味深い話をたくさん聞かせてもらえる。

 

下大前先生は「こういう先生に診てもらいたかった!」と“本当”に思えた先生です!

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ラインお友達登録

肉離れとは?

肉離れの写真

肉離れとは、ダッシュやジャンプ、ボールを蹴る、投げると行った早い動作中に、

筋肉の繊維が断裂(筋断裂)したり、筋繊維が損傷したりする状態をいいます。

医学的には、軽症から重症まで1度〜3度に分けられます。

肉離れは、スポーツ選手に多い疾患ではありますが、

一般の方が、急にジャンプをしたり、少し小走りした時などにも発生しやすいので、特にスポーツをしていない方にも発生しやすい怪我と言えます。

肉離れは初期を安静に過ごしていれば強い痛みは引くのですが、

厄介なのは、ある程度痛みが引いた後、実際に動くと痛みを感じたり、この痛みが長引いたり、

一旦痛みが治っても、一度肉離れを起こした部分は再発しやすく、

なんども同じ部分で慢性的に肉離れを繰り返すケースも少なくありません。

トップアスリートでは、

一度肉離れを起こすと、再発しやすい性質から、選手生命すら脅かされることになることもあります。

なぜ、これほど肉離れは繰り返してしまうのでしょうか?

その原因をみていきましょう。

 

 

肉離れの原因

肉離れの原因

一般的に、スポーツ医学の分野で肉離れの原因は以下のように説明されています。

  1. 筋肉や関節の柔軟性不足
  2. 筋力の弱さ
  3. 拮抗筋(伸びる筋と曲げる筋)の筋バランスが悪い
  4. 全身の筋肉のアンバランス
  5. 筋持久力の弱さ

などです。

実際にスポーツ整形でも、

関節可動域のチェックや、筋力検査、筋バランスの検査を行なっていますし、

僕自身もスポーツ整形外科で勤務していた頃はこのように考えて施術に当たっていました。

しかし、

関節の柔軟性や筋力を強化しても、

また同じ部分を肉離れしてくる選手はあとを絶ちませんでした。

 

「何か、それ以上の原因があるかもしれない」

 

直感的にそう感じた僕は色々なこと仮説を立てて検証してみると、

仮説検証を重ね数々の失敗をする中