スタッフ紹介

代表 下大前 陽介(しもおおまえ ようすけ)

代表 下大前 陽介(しもおおまえ ようすけ)

出身地
京都府
資格
スポーツトレーナー 柔道整復師
趣味
スキー 登山 キャンプ 野球
家族
妻、長男
好きなお酒
シャンパン

代表の経歴

代表の経歴

 

●穀菜食の舎会員(食養、精進料理の陰陽研究会)

●東洋医療専門学校 柔道整復師学科講師

●元阪神タイガース小嶋達也選手コンディショニングトレーナー

●四条畷学園高校女子ソフトボール部トレーナー

●福井県敦賀フィギュアスケートクラブトレーニングコーチ

●柔道整復師国家試験予備校 講師解剖学、生理学、柔道整復学を指導

●整体庵大空主催の整体技術・健康セミナー講師として、治療家を育成

 

幼少期

幼少期

はじめまして。整体庵 大空の下大前陽介と申します。

少し変わった名前で「しもおおまえ」と読みます。

7つ上の姉がいる第二子 長男として生まれました。
両親曰く、幼少期はとんでもなくわんぱくだったそうで、学校からの呼び出しも多々あったとか…

それでも、かなり自由に自分のやりたいことをやりたいようにやらせてくれたおかげで困難な症状を持つお客様がいても、なんとか工夫してやろうとする思考が身について、今本当に助かっています。

両親には感謝でいっぱいです。

 

整体師になろうと思ったきっかけ

整体師になろうと思ったきっかけ

きっかけは学生時代のトレーナーさん

 

僕が整体師を志した理由は、

学生時代に真剣に取り組んでいた野球部のトレーナーさんがきっかけでした。

甲子園を狙えるほどレベルが高い高校だったこともあり、

運動神経がいい方ではなかった僕は、レベルの高いチームでなかなかベンチに入ることできませんでした。

 

 

控え選手の僕と真剣に向き合ってくれたトレーナー

 

チーム内での競争に勝つには、能力の劣る自分に何ができるか?

当時の自分なりに考えながら、トレーナーに質問を繰り返し、

野球のパフォーマンスを上げるトレーニングを真剣に取り組みました。

80名近くいた部員に対してトレーナーさんは1人です。

当然ですが、

控えの僕よりレギュラークラスの選手に多くの時間を割いた方がチーム成績は上がることでしょう。

 

しかし、その中でレギュラーでもない僕と真正面から向き合ってくれ、

結果レギュラーにはなれなかったですが、

僕の人生で、僕の可能性を信じて指導していただけたとても大きな経験でした。

高校卒業後も大学で野球をしようと考えていましたが、

ふとトレーナーさんがよぎり、

自分も、

「やりたいことがあるけど、何かの原因で出来なくて困っている人と真剣に向き合う仕事がしたい」と考え、

大学に行くことも、

野球を続けることもやめて、スポーツトレーナーの学校に入学することに決めました。

 

 

病院提携整骨院での10年以上の経験から整体庵大空を作る経緯

病院提携整骨院での10年以上の経験から整体庵大空を作る経緯

スポーツトレーナー、柔道整復師の資格を取得した後、

ある医療グループでの勤務させていただくことになりました。

 

このグループには病院を中心に、鍼灸整骨院も複数ある大きなグループで、

整形外科診察、あらゆる手術の見学、リハビリ、産婦人科での妊婦整体、

婦人科での東洋医学的施術など、

本当に他ではできない様々な経験をさせていただきました。

とても感謝しています。

 

しかし…

たくさんの医師の診察や手術を見て話をしていく中で、

西洋医学にはメリットはあるもののデメリットも大きいということがわかってきました。

怪我をした時や急病など救急的な処置は西洋医学では大きなメリットなのですが、

それ以外の慢性的な症状、婦人科疾患、自律神経の症状などには対症療法中心でデメリットが多いこともわかったのです。

 

特に慢性疾患では、

痛み止めの注射や薬などの対症療法が中心で、

病状がひどくなるまで対症療法で経過観察し、

悪化したら手術を考えるというパターンがとても多いのです。

 

病院での治療に効果を感じられない人が頼るのが、

私が今行なっているような東洋医学的な整体や鍼灸でした。

 

これらの東洋医学的な施術は、

日本ではまだまだ社会的な信用度は低いですが、

実は欧米各国では西洋医学と同じか、

病状によってはそれ以上にオーソドックスな治療法として広く一般に知られています。
特に私が専門としている、

婦人科疾患や、内科疾患、皮膚疾患、

自律神経症状などには東洋医学的な施術がとても有効という研究データがたくさんあり、

広く一般市民でも治療の選択肢として確立しています。

 

しかし日本では改善が難しい慢性疾患で悩む人々に、
西洋医学の治療以外に選択肢がほとんどないのが現状なんです。

 

僕は整体師として、

病院の治療では改善がない慢性疾患で悩んでいる人に、

何かできるのではないかとあらゆることを学びました。

 

食事療法、環境問題、薬の作用、医療の歴史、西洋医学、東洋医学、伝統医学、大昔の医術、体の構造、宇宙のこと、心の問題、放射能などあげればキリがないほどの研究をしてきました。

 

その中で、

慢性的な症状を改善するために、病院の治療以上に大切なことがあるということがわかったのです。

そして、

場合によっては病院の治療を受けることによって病状回復を妨げているケースもあるということが確実であることもわかりました。

このような経緯から

僕は、西洋医学のように薬や対症療法(ただ症状消すだけの治療)ではない、

根本的に体を見つめ直す整体院を作ろうと決心したのです。

 

数多くのお客様が来院する弊害

数多くのお客様が来院する弊害

もう一つ、

僕が整体院を作ろうと決心した理由があります。

 

今まで整体院に通われていてこのように感じたことはありませんか?

  • 自分の悩みを全て理解してくれていないように感じる
  • 話がかみ合わずなかなか、真意が伝わらない
  • 先生の説明がいまいち理解できない
  • 背術云々の前に相性が合わないように感じる

 

このような状態では、いくら僕たちの技術が優れていたとしても、

いい結果にはなりません。

整体という施術行為は、

僕とお客様とが、お互いに信頼関係があって初めて効果があるのです。

 

 

以前、僕が院長を勤めていた整骨院や整形外科では、

巷にこれだけたくさんの整骨院や病院があるにも関わらず、

毎日とても多くのお客様にご来院されていて、

多い日では、僕1人で1日に40人以上治療を行う日もある程でした。

 

1人の治療に10分〜15分程度しか時間が割けず、どうしても、

一人一人のお客様のことをよく知り、

私の治療の考えを説明する時間はなく、

お互いの信頼関係の少ないまま、

ただただ治療を行う日々の連続でした。

 

 

そんな中で、

 

「根本的に治療を行うには、もっとお客様とお互いのことを知り合って信頼関係の上で施術を行うことが大切ではないか?」

 

と強く感じたのです。

 

本当は、もっとお互いの話をしたいのに、不完全燃焼で治療が終わっていく。

そんなことの連続だったからです。

 

お客様の本当の悩みをしっかり聞き出せないこと。

お客様に、僕のベストを尽くせないこと。

会話を通して、常識という認識を壊せないこと。

 

お金を頂き、施術するからにはこの部分に関しては一切妥協したくないと考え、

自分だけのスタイルを貫くために、

自分の整体院を開業することにしたのです。

 

僕が、健康保険診療を行える国家資格を持つのに、自費診療をしている理由

僕が、健康保険診療を行える国家資格を持つのに、自費診療をしている理由

僕は、国家資格である「柔道整復師」という資格を持っています。

この資格は整骨院を開業し、保険請求が行うことが出来る国家資格なので、

整骨院では、基本的に健康保険が適応できます。

 

しかし…

本来、柔道整復師という資格は、

「骨折、脱臼、打撲、肉離れ(挫傷)、捻挫」などの外傷(ケガ)に対して保険適応が認められていて、

慢性的な、筋肉のこり、腰痛、膝や股関節の痛みなどには適応してはいけない法律になっています。

 

現在、ほとんどの整骨院では、当たり前のように慢性的な筋肉や関節痛に、

健康保険が適応されていますが、

これは本来、不正請求になります。

 

患者さん側に取っても、健康保険が使えれば、少し安く施術を受けることが出来るので、

一見そのほうが良いように思われるかもしれません。

 

ですが、施術費用が安くできることによって、業界全体が、

  1. 施術技術を高める努力を怠る傾向になる
  2. 健康保険適応をすることで院経営をしやすくなる
  3. 治すよりも、反復して通院を促すようになる

というように、

マイナス要素として働いてしまうのです。

 

言い方は少し悪くなってしまいますが、

「不正請求で安く、たくさん通っても、改善率の悪い施術」

と、

「自費で高い施術料ではあるが、根本的な改善が見込める施術」

あなたはどちらを選びますか?

 

どちらを選ぶかは、あなたが決めることができます。

 

「でも、なぜ不正請求なら、取り締まりされないの?」

と思われるかもしれません。

実は、現在のところ、表立った取り締まりはされないのが現状で、

よほどでない限り不正請求がまかり通ってしまいます。

だからこそ、ほぼ全ての整骨院で、不正請求をしていますし、

偉そうに話している僕自身も、以前は当たり前のように整骨院の院長として、

不正請求を行なっていた過去があります。

 

でも、

「プロの施術家として、このぬるま湯で仕事をしているのはいやだ」

「自分を厳しい環境に置いて、自らをもっと磨き続けたい」

そう強く感じるようになったことがきっかけで、

僕は保険請求を一切やめることにしました。

 

何より、この業界全体の不正請求がまかり通る現状にどうしても納得できず、

常に患者さんに嘘をつき続けているような感覚が自分にはあったのです。

 

当然、自費施術になれば、

施術の値段が高いことが、ネックになり、

僕の施術を受けることを躊躇する方もいるかもしれません。

 

はじめは、より安い治療院に行かれても良いと思いますし、

そこでもし、改善がなければ、一度僕に相談してください。

きっと、今までのあなた悩みを解消することができるはずです。

整体院に初めて行く方で、失敗はしたくないな…

と思う方も、一度相談してみてください。

 

ぜひ施術院を値段や、交通の便、施設の綺麗さなど、

見かけだけで判断せず、

「あなたにとって本当の大切なこと」を考えて、

治療院を選ぶようにしてみてください。

 

整体師として症状改善がなく、治療の選択肢すらない人の希望になりたい

整体師として症状改善がなく、治療の選択肢すらない人の希望になりたい

このような経緯があり、

僕は整体師として、

あらゆる研究をしてきた中から導き出された、

東洋医学的な考えをベースにした独自の理論で元にした整体院を作ることを決めました。

 

完全なプライベート空間で、一人一人のお客様の悩みを聞き、

オーダーメイドの施術を行うことができる、

「病院や整骨院に通っても良くならず、困り果てた人のための駆け込み寺」

となる整体院、それが整体庵大空です。

 

もちろん、

病院にも、僕の行う整体にもメリット・デメリットがあります。

救急処置が必要な時は、病院が有効です。

なんとか今の症状を一時しのぎしたい時も病院は有効です。

対処的に手術が必要な場合も僕は病院と連携します。

 

それだけ僕は病院のメリットも10年以上肌で感じてきました。

しかし、慢性的な症状で、薬やシップでは改善しない時、

対症療法以外に方法はないのかと思う時は、私に相談してください。

 

必ずあなたには可能性があるし、あなたの体を改善する方法もたくさんあります。

 

そして、あなたの周りに病院に行っても良くならず悩んでいる人がいたら、ぜひ僕の存在を教えてあげてください。

 

治療の選択肢として何を選ぶかは患者様が決めることですが、

今の日本では、選択肢が病院の治療以外にないことが圧倒的に多いのです。

 

僕は、そんな人にとって希望の存在になりたいと思っています。

あなたが、今悩んでいることを僕に教えてください。

微力ですがきっと力に慣れることがあるはずです。

下大前 舞

下大前 舞

出身地 
奈良県
血液型 
B型
資格 
鍼灸師 食養指導担当
趣味
子供と遊ぶ バスケ キャンプ・スキーなどアウトドア全般

幼少期はどんな子だった?

幼少期はどんな子だった?

4人きょうだいの次女として生まれました。

小さい頃から外で遊ぶことが好きで

友達を呼んでは外で走り回っていました。

幼稚園の年少さんの時はお母さんと離れるのが嫌で

毎回の登園時に泣きじゃくっていたのを今でも覚えています。(笑)

 

鍼灸師になろうと思ったきっかけ

鍼灸師になろうと思ったきっかけ

学生時代はバスケットをしていた事もあり身体のメンテナンスやコンディショニングに興味があったので、本気で学びたいと思い、この世界に入りました。

 

前職は産婦人科、整形外科と連携しており妊婦さんなど女性が9割占めている治療院で約1年半勤めていました。

そこでは、学生〜年配の女性やお子さまへの鍼灸治療や

妊産婦さん向けの体操教室など

なりたい自分になるお手伝いをさせて頂いていました。

食養(東洋医学的食事療法)を始めたきっかけは?

食養(東洋医学的食事療法)を始めたきっかけは?

結婚してからは自分自身の体質改善目的と多趣味の夫のコンディションを日々整えれるようにとお野菜や精進料理の勉強を始めました。

嬉しいことに第一子を妊娠でき、

2017年の3月に出産も無事終えました。

 

食事のおかげか体質なのか、母乳も良く出てくれてきて、息子はすくすく育っています。

 

食事は毎日できるセルフケアだと思います。

息子の親として、夫の妻として出来ることそして自分自身の身体も変化していきます。

まだまだ未熟ではありますが、

これからも日々の発見を積み重ねていきたいと思います。

食養も鍼灸も自分の力で良くしたい!薬は使いたくない!という方に本当にオススメです。

自分の体調はもちろん、

大切な人への日々の体調管理でお悩みの事があればいつでもご相談ください。

下大前 岳

下大前 岳

愛称
がっくん
主な作用
癒し、ヒーリング効果
副作用
よだれまみれになる

病気は幸せになるための階段!

病気は幸せになるための階段!

病気や怪我ってとても辛くてマイナスなイメージですよね。

その病気や怪我が大きいほど、マイナスなイメージだと思います。。。

病気は不幸なことかもしれません。

でもね、

それはそこだけを切り取ってみれば不幸かもしれません。

でも、あなたの人生という長い時間で見たときにはどうですか?

最後死ぬ間際を思い浮かべてみてくださいね。

そのときに、

「この病気があったおかげで色々いいことがあった!幸せだったな〜」

と思うかね、

「この病気さえなければもっと幸せだったのに…」

と思うか。

これは今のあなたに決められちゃうんですよね(^^)

病気は人生の見方を変えて、幸せになるための神様からの贈り物かもしれませんね☆