冷え性

なぜ?病院に行っても改善しない 長年悩む冷え性が根本的に改善し、前向きな生活を取り戻すことができるのか?

なぜ?病院に行っても改善しない 長年悩む冷え性が根本的に改善し、前向きな生活を取り戻すことができるのか?

なぜ、冷え性が整体庵大空の施術で変化するのか?

プロを指導するプロの施術が受けられます。

あなたはこんな不安やお悩みをお持ちではありませんか?

 

夜も眠れないほどの冷え性、体が冷たくて家事も仕事も集中できない、

靴下を重ねて履いている、こんな冷え性と一生付き合わないといけないと思っていませんか?

もしあなたが…

  • 季節に関係なく冷え性に悩まされている
  • 足先だけでなく、太ももやお尻まで冷えてくる
  • あらゆる冷え性対策を試したが効果を感じることができない
  • オフィスで座っているのが辛い
  • 夜も足が冷たくてなかなか寝付けない

このようなことで悩んでいるのであればぜひこのまま読み進めて下さい。

あなたにとって、私が希望を感じれる存在であることがわかるでしょう。

医師からの推薦文

整体庵大空は医師が推薦しています

婦人科医師の推薦状

整体庵大空を推薦します!

地元新聞でも取り上げられている整体院です

取材時の動画で、少しですが整体の内容などをお話しています

お客様の声

色々な病院でも改善しなかっためまい、耳鳴り、吐き気、動悸、不安症が改善!不妊も改善しました!

お客様写真
アンケート用紙

2年程、めまい、耳鳴り、吐気、動悸などの症状で苦しんでいて、

色々な病院で診てもらいましたが改善せず、もう一生こんな苦しい症状の中で生きていかないとダメなのかなと不安で辛い毎日を過ごしていた時に、

ネットで大空にたどり着いて、わらをもすがる想いで来庵しました。

初回から身体の変化を感じ、数回通ううちに夜中動悸で必ず起きていたのが治り、

症状が改善していき数ヶ月後には妊娠できる身体にまでなれました。

 

整体庵大空の良さは、とにかく丁寧な説明と、先生の人柄と、知識の豊富なところです。

先生の施術を受けた後は身体が楽になるのと同時に、

心がすごく楽になり、前向きになって毎回帰れます。

自分の身体は病気じゃない、

めまいや耳鳴りは身体からのサインなのだと教えてもらってから、

「自分は治るんだ!」と心から思えて安心し、症状が徐々に改善されました。

施術の部屋も和室でとてもリラックス出来ます。

 

私と同じような悩みで辛いを思いをしている方も、

とても信頼できる先生なので、一度施術を受けてみて欲しいです。

薬のいらない、本来の自分の身体を取り戻せる可能性があり、

自分を見つめ直すいいきっかけにもなります。

 

Y.Yさん 大阪府在住 36歳 女性 専業主婦 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ひどかった生理痛と排卵痛が変わりました

お客様写真
アンケート用紙

生理痛・排卵痛がひどくかなり悩んでいました。

体のあちこちが痛くてだる重くなって朝起き上がるのに時間がかかっていました。

整体はバキバキされて痛いものだと思っていたけど全然痛くもなくむしろ気持ちの良い感じで本当にこんなんで悩みがふっ飛ぶの?と思っていました。

魔法みたいにみるみるうちに自分の体が変わっていきます。

でも魔法みたいにみるみるうちに自分の体が変わっていくのがわかりました。

雰囲気もアットホームな感じでとても過ごしやすい空間です。

来院してよかったことはただ整体をしてもらうだけではなくて、

体の仕組みや自分の体のこと、

自分にあった体の動かし方などたくさん自分のことを知れる機会にもなるし、

たくさん発見できるのがよかったなあと思います。

先生は子持ちで子育て中ということもあり産後のママでも気楽に来れますよ!

Y・Aさん 23歳 主婦パート 大阪府大東市

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ラインお友達登録

冷え性とは?

肉離れの写真

冷え性は、現代人の約4分の1の方が自覚しており、

冬場での悩みで肩こりや、肌の乾燥を抑えて第1位というデータもあります。

さらに自覚のない「冷え性予備軍」と言われる方は日本人全体の20%に及ぶとされ、

冷え性予備軍の人を含めると日本人の半数近くの方が何らかの形で冷え性を持っているということが言えます。

しかし、重度の冷え性の方でない限り、自ら冷え性を改善しようと思う人は多くなく、

根本的な冷え性の原因はさておき、

厚着にしたり、靴下を重ねて履いたり、レッグウオーマーをすることで対処しているのではないでしょうか?

実はここに大きなリスクがあることを知られていません。

まずは、冷え性の原因の前に、冷え性によって引き起こされる危険をみてみましょう。

冷え性が招く体の状態を知ると、

冷え性の本質を見つめることの大切さがわかるはずです。

 

冷え性によって引き起こされる危険

冷え性の危険1 免疫力が下がる

肉離れの原因

50年前の日本人の平均体温は36.9度だったそうです。

みなさんの平熱は何度くらいでしょうか?

ちなみに、2008年のデータでは平均体温36.1℃となっており、

ここ50年の間に、平均すると、0.8℃も体温が下がっているということになります。

体温には個人差がありますので、人によっては平熱が35℃台という人もいるのではないでしょうか?

そして、

体温が1℃低下するごとに、免疫力は約20〜30%低下すると言われていて、

データ上、ここ50年の間に私たち日本人の免疫力は20%近く落ちていると言えます。

体温が下がり免疫力が低下することで、

  1. インフルエンザに罹患しやすくなる
  2. 風邪をひきやすい
  3. 感染症にかかりやすくなる

などの危険があります。

体温が低下することは、「体が寒い」だけでなく、

免疫力が下がり、様々な病気にかかりやすくなる体になるという危険があります。

冷え性の危険2 ストレスに弱くうつ病などを引き起こす

冷え性はストレスへの耐性を弱めて、ストレスは冷え性を強める

冷え性はストレスへの耐性が弱くなり、

うつ病などの精神的な病や、胃や腸のトラブルを招きやすく、

さらにこれらの病に対処するための薬などで、

さらなる低体温状態を引き起こしやすくなり、

悪循環に陥ります。

冷え性は西洋医学では、正式な病名ではなく、

治療の対象にもなりませんが、

東洋医学的な観点からすると、

病気の前段階である「未病」という状態です。

冷え性の本質を見つめることで、自分の人生から病気のリスクを減らし、

自分らしい楽しい人生を送ることにつながるのではないでしょうか?

冷え性の危険3 癌になりやすい

現代人の死因1位である悪性新生物(癌)ですが、

癌は、50年前の日本人死因1位ではなく、ここ数十年で急激に癌患者は増加して、

現在では第1位になっています。

がん細胞は、健康な人でも1日に約5000個ほどは作られていると言われており、

そのほとんどは免疫細胞によって死滅させられています。

しかし、低体温になることで、免疫力が下がり、

がん細胞の増殖が進みやすい体内環境になるのです。

 

がん細胞が好きな環境

・35℃台の低体温

・砂糖などの甘いものが多い環境

・精神的なストレスが多い

・ミネラル不足

 

これが、がん細胞の好きな環境です。

その反対にがん細胞の嫌いな環境は、

 

がん細胞が嫌いな環境

・36℃後半〜37℃以上の体温

(42℃でがん細胞は死滅する)

・ストレスよりも、笑いが多い生活

・ミネラルの多い環境

 

となります。

このことからも冷え性の低体温がいかに体によくないかということがわかると思います。

この50年癌患者数は激増していることと、

日本人の平均体温が下がっていることは決して無関係ではないでしょう。

冷え性は「癌予備軍」と言えるのです。

たかが冷え性とは言えないのが、おわかりいただけると思います。

 

冷え性の原因とは?

冷え性の原因

冷え性がかなり危険であることをご紹介しました。

では、冷え性の原因とは何なのでしょうか?

ここで冷え性の原因になることをまとめてみたいと思います。

 

 

冷え性の原因

冷え性の原因とは

冷え性の原因とは
  1. 和食より洋食の食習慣
  2. 天然製法の調味料ではなく、人工的なニセモノ調味料
  3. 減塩
  4. 厚着をする
  5. 靴下を重ねて履く
  6. 砂糖の取りすぎ
  7. 小麦粉の取りすぎ
  8. 生野菜の取りすぎ
  9. 冬場の夏野菜摂取
  10. ご飯、味噌汁を食べない
  11. 味覚よりも情報を重視した食生活
  12. ストレス
  13. 自分のやりたいこと好きなことを我慢する
  14. 自分の言いたい意見を我慢する
  15. 不安要素をスマホで調べる

 

などが、冷え性の原因として挙げられます。

抜粋して解説すると、減塩は体にとって何一ついいことはないと言ってもいいほどよくありません。

ただし、これは天然製法の天然塩に限った話で、

人工的な精製塩は摂れば摂るほど体に害があります。

塩だけでなく、醤油や味噌、みりんなどの調味料も全て天然のものを選びましょう。

天然の塩気であれば、ミネラル分が豊富で減塩は必要なく、自分が美味しいと感じる濃さで食べることで体内の機能が正常に働き出します。

(塩の大切さに関してはこちらのブログも合わせてお読みください)

 

冷え性には重ね着や厚着もよくありませんね。

厚着をすることで、体自らが発熱する力が弱まり、結果的には冷え性を助けることにつながるからです。

寒さを感じるときに体が震えることありませんか?

あの震えは「震え産熱」といって、熱を産生するときの必要な反射なのですが、

厚着をするとこの震え産熱が低下してしまいます。

冬場にも一枚減らすなどして寒さを肌で感じるようにしてみましょう。

冷え性を改善するために

では、冷え性を改善するためにはどのようなことが必要になるのでしょうか?

整体庵大空では、以下の内容のこと一人一人に合わせて実践しています。

 

  1. 整体で内臓機能を整え、代謝を高める
  2. 1人1人に合わせた食生活の改善指導を行い、体温を高める<