頑固な頭痛や、突然の片頭痛の原因である「眼の疲労」を根本的に解消する方法

こんにちは!

人の可能性を広げる天才整体師下大前と申します。

今日のお話は、

「頑固な頭痛や、突然の片頭痛を改善する自宅でできる簡単な方法」となっています。

いつも、心と体のつながりを中心にお話していますので、

今日は具体的な症状の改善方法も含めてお伝えしたいと思います。

頭痛は、

大きく一次性の頭痛(現代医学では原因がわからないもの)と、

二次性の頭痛(脳腫瘍などはっきりとした原因がある頭痛)に別れます。

本日お話するのは、

病院に行ってみたけど原因がわからない一次性の頭痛の改善方法についてお話していきます。

一次性の頭痛であれば、群発性頭痛、片頭痛、緊張性頭痛など基本的にどのタイプの頭痛であって効果的な、

頭痛の対処方法についてもお話します。

最後に頭痛と心の繋がりについてもお話しますので、

そちらもぜひご覧ください。

 

ー本日のお話ー

  1. 頭痛の本当の原因
  2. 対処方法 ー目を温めるー
  3. 頭痛はあなたが無理しすぎてるサイン
  4. まとめ

頭痛の本当の原因

眼の疲労とは心の眼の疲労 それが頭痛の原因になる

頭痛の原因はなんだと思いますか?

と、施術中や患者様向け勉強会で質問をすると、

だいたい以下のような答えが多いです。

「頭痛の原因は肩こりではないか?」

「目の使いすぎ」

「デスクワークで姿勢が悪いと頭に血流が行きにくい」

「猫背になっている」

「腰痛があるから」

「腕が疲れているから」

「寝不足」

「ストレス」

などです。

これらは間違いではなく、

確かにこれが原因で頭痛やめまいを引き起こす方はいますが、

これは表面的な話で、

これら全てにさらに深い原因があると予想できます。

例えば、

上記の頭痛の原因の中で一番多いのは、

目の疲労ですが、

なぜ、目は疲労するのでしょうか?

目は、みなさんご存知の通り「物を見る」という機能を持っていますが、

僕のお話している「眼の疲労」と、

一般的に言われる「目の疲労」は、

全く違うお話になります。

 

あなたは、

「眼で見えるものは、あなたが見ようとしたものである」

という事実があることを知っていますか。

 

私たちの目には、都会に過ごしている場合ほんの0.5秒程度の視界で、

実に1000万個以上の情報が飛び込んでくると言われています。

ですが、実際に、「見えた」と認識できた情報は1つか2つしかありません。

「見えている世界」と「見えたと感じた世界」には1000万:1というほどの差があるのです。

もう少し具体的にお話すると、

同じ夜景をある2人の人が見たとします。

Aさんはつい最近彼氏ができました。

なので、おそらくAさんの眼に映る夜景は、

「こんな綺麗な夜景は彼氏と二人で見にきたいなー」って映るでしょう。

もう一人のBさんは仕事で大きなミスをした直後でした。

Bさんの眼に映る夜景は、

「こんなミスをしてしまう自分は社会から必要とされていない。自分と社会との距離がこの夜景と同じなんだろうな」

と映ってしまうでしょう。

あなたの心の在り方によって見える世界が変わるということなんですね。

「眼の疲れ」とは、

単に、ディスプレイを見すぎたとかで疲れることも多少はありますが、

それは眼の疲労の極々1部であって、

大部分の眼の疲労はあなた自身の心の眼が何を見ているかによって変わるわけですね。

これが本当の眼の疲れの原因なのです。

 

対処方法 ー目を温めるー

目を温めると頭痛に効果的

眼の疲労の正体は、

「心の眼の在り方」だとお話ししました。

ですが、この在り方を変えることは、

なかなか日常的には難しいことです。

そんな時に使える方法が、

「目を温めること」

なんですね。

タオルと電子レンジがあればできますから、

ほぼ全ての家庭で何も買わずに行うことができる非常にシンプルな方法です。

単純に目を温めるなら、最近「あずき」で温めるという製品なども出ていますが、

実はこれ逆効果なのです。

もっとも効果的な眼の温め方をお伝えします。

頭痛解消法 目を温める

頭痛、めまいは目を温めると改善する

目を温める時のポイントをお話しますね。

  1. タオルを水で濡らして固く絞る
  2. 濡れたタオルをビニール袋かラップに包んでレンジに入れる(大体30秒か40秒くらい)
  3. 火傷に注意して取り出す
  4. 両目を覆うように目に当てて上向きで寝る
  5. 15分くらいするとタオルが冷んやりして来たら外して目を開ける

以上がやり方になります。

ポイントは、

タオルを乗せて、冷たく感じるまで置いておくということです。

実はこの温度差が大切で、

タオルが冷えていく時に、

血流が良くなっていくので、

あずきなどの製品は、温度が低くなりにくく一定の温度を保つようにできていますが、

温度変化が大切なので、僕はおすすめしていません。

東洋医学的には、可能であれば、水ではなく煮出した番茶で同じことをする方が効果的です。

番茶が面倒であれば水でも構いませんのでこれを一日に数回行って見てください。

眼精疲労でお悩みの方や、

頭痛、めまいでお困りの方はぜひやって見てください。

驚くほど視界がクリアになり気分が変わることを実感いただけると思います。

頭痛はあなたが無理しすぎてるサイン

頑張るのやめよう そしたら道はひらけてくる

頭痛の対処法についてお話しました。

最後に少しあなたと一緒に考えて見たいのですが、

あなたの頭痛にはどんな意味があると思いますか?

これは頭痛の原因ではなく、

頭痛の目的です。

「人には痛みや苦痛であっても、その人に無意味な現象は起きない。」

という宇宙の法則が存在しています。

何か、あなたの頭痛には、あなたの中にいる本当のあなたからのサインかもしれません。

これは人それぞれ違うでしょうから自問自答するか、

僕や他の信頼できるパートナーと話しながら明確にしないとわかりにくいかもしれませんが、

一つ言えることは、

頭痛は、あなたがあなた自身に「そんなに頑張らなくていい」「もうちょっと気抜いて生活してもいいんじゃない」なんてこと伝えたいのかもしれませんね(^^)

頑張ってどうにかすることよりも、

もっと楽チンな道があるんじゃない?なんてことを言ってるかもしれません(^^)

サボることって決して罪悪感を保つことではないんだよって言ってるかもしれません(^^)

ま、なんとかなるよって言ってるかもしれません(^^)笑

人の体って不思議で、

例えば、緊張しているからリラックスしようなんて考えるとより緊張しませんか?

だから、頑張らないとって頑張ると、かえってうまくいかないこともありますよね。
(≧∀≦)

じゃ頑張らなくても、あなたが楽しんでいれば、

うまくいくのかもしれませんよね?^ ^

今、もし頭痛で何年も悩んで、

いるのであれば、もうこれだけ頑張ったんだから、

そろそろ頑張るのやめてみませんか?笑

まとめ

頭痛は改善する 必ず

いかがでしたか?

本日は頭痛と心の繋がり、

そして、頭痛の対処方法についてお話させていただきました。

ちょっと良くわからない部分もあったかもしれません。

もし、

不安があったり、頭痛の症状が辛いようなら、

一度僕に会いに来てください。

そこでしっかり施術してお話しましょう。

大丈夫です。

あなたには無駄なことなど1mmもないから、

必ず快方に向かいます。

楽しい日々の始まりです!

では、今日はこの辺で。