不安症、パニック障害の原因とは?「所ジョージさんに学ぶ心身の不調の考え方」

おはようございます。

整体庵大空の下大前です。

 

今日は、

 

『不安症、パニック障害の原因とは?「所ジョージさんに学ぶ心身の不調の考え方」』

 

というお話ですね。

 

以前に、

『原因不明のめまい、頭痛で悩む方へ「所ジョージさんに学ぶ心身の不調の考え方」』

というブログを書きました。

(読んでいないという方は、こちらもよろしければお読みください)

 

所さんの雑誌、『所ジョージの世田谷ベース』さんから文をお借りしてご紹介させて頂いたのですが、

その反響が思いの外大きく…

 

心身のことで悩むたくさんの方から、

 

「心が救われた!」

「自分の生きる価値観を見直すキッカケになった!」

「所さんがすごく好きになった!」

 

 

などのお声が多数ありました。

 

今回は、

その第二弾というか…

 

勝手に所さんの考えを紹介させて頂いているので、

雑誌作りに関わっている皆様には大変恐縮です…。(T ^ T)

 

でも、

僕自身とても尊敬する所さんのお話に、

少しでも多くの人が触れてもらえれば、

いいなと思い、第二弾を書いてみたいと思います。

 

 

 

 

今回のブログでは、

不安障害、不安症、パニック障害を主題としていますが、

ご自身が悩んでいることに置き換えてお読み頂いてもいいと思います。

 

所さんの視点で、

心の問題、食の問題に切り込み、

とても的を得たことをお話しておられますが、

自分自身の悩みと向き合い、

自分自身を変えたいと想う人は読み進めてみてください。

 

そうでない方は、

読むと、感情的になってしまったりすることもあるかもしれません。

 

このブログを読んで、

どう感じて、これからどんな行動をしていくのかはあなた次第です。

 

 

それではお話していきましょう。

 

 

ー今日のお話ー

  1. 心の問題で悩む方への所さんのお話
  2. 満たされているからこそ…
  3. 食事と栄養についての所さんのお話
  4. 食生活と健康の関係
  5. まとめ

心の問題で悩む方への所さんのお話

心の問題で悩む方への所さんのお話

 

心の悩みを持つ読者さんからの、

所さんへの質問。

 

『気持ちの躁鬱が抑えられず、

最近、急激に気分が落ち込むことがある、

その原因はわからないけれど元気になるキッカケが欲しいのです』

 

という質問に対する所さんのお話。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(所さん)

 

あ、それはね。

 

単純。

 

暇だから。

 

暇な人は落ち込むの。

時間があれば、やることないし落ち込むの。

やることない=つまんないってことになるから。

つまんない=落ち込むだから。

 

やること一杯ある、面倒臭い、汗かく、疲れた、寝る。

もう落ち込む時間がないのよ、そこには(笑)

暇な人が落ち込むの。

 

何にもやることないとか、

自分が好きなことや、趣味がないって人は、

自分が何もやってないから。

 

好きなことを見つけようと、

動くけど、当てもないし、見当たらないとか思うんでしょ?

 

でも、見当たらないんじゃなくて、

目の前にあんでしょ?

 

家にテーブルがあるとしたら、そのテーブルが目の前にあんじゃん。

 

何とかしろよ、そのテーブルを。

そのテーブルで遊ぶ方法を考えろってことだよ。

 

縦にして、この一箇所だけで立つようにならないかなとかやれって話だよ。

 

それをやりもしないで、やることがないとか落ち込んでるとか言うんだよ。

そう言う人に限って、

「やったところでつまらないじゃないですか?」

とか、

「立つわけないじゃないですか?」って。やりもしねえのに。

 

やる気にもなんない。

やってみろよっ!って話だよ。単純に。

 

旅館にあるつまらないパズルとか、輪投げとか。

あれもみんなやんないじゃん。

やってみろよ。俺やるからね。 どれどれ…と。(笑)

 

まずは触らないで頭の中で解いてみようとか。

遊び方だから。

 

みんなパズルなんて、ああでしょ、こうでしょ、ここが間違っているからリセットしてってやっているからつまらないの。

まず頭の中だけで解決方法を全て探るんだよ。

そのあと手を出すんだよ。

そう言う遊び方ができる人は、何でも遊ぶことができる。

 

だから、頭でっかちになっているから悩む。

 

そんなことやってもつまんねえんじゃないかとか。

決めつけてるんじゃねえよ。

 

やりもせず、小さな経験から想像して、つまらない結論を出してしまうのは大人の悪いところ。

 

とにかく、やるんだよ。

 

みんなデータとか、

他人の経験にがんじがらめになってそこから出てこない。

他人の経験で、

他人がつまらないんじゃ俺がやってもつまらないなとか。

『あいつはつまんないけど、俺だったら面白くできるよ』とかひるがえれよって話。

 

 

満たされているからこそ…

悩める幸せ

所さんが言う、

今この瞬間、身の回りにあるものを使って遊べって言うのは、

かなり重要なことではないでしょうか?

 

心の悩みを引き起こすのが、

「暇だから」と言う話も大切ですが、

もっと深い部分では、

あなたは、「暇だと言える幸せ」を感じたことはありますか?

 

暇なことをダメなことと思い、

わざと忙しく見せる人もいますが、

 

「暇であること」がいかに満たされた幸せであることか。

 

夢中になれることや、趣味がないと嘆く人もいますが、

夢中になれるものがなくても、

今この瞬間を生きていられる「幸せ」を考えたことはありますか?

 

暇であること。

心の問題で悩めること。

 

これは、

幸せで、満たされているからこそ出来ることなのです。

 

もし、

あなたが幸せでないのであれば、

そうでなければ、

自分が幸せになるために、暇なんかじゃいられないだろうし、

悩み事なんてしている暇はないはずなんです。

 

心の問題で悩む前に、

今、悩める自分がいかに幸せで、

満たされた環境にいるのかに目を向けてみてもいいのではないでしょうか?

 

その視点で自分をみることができれば、

いかに自分が小さなことで悩んでいるかが体感できるはずです。

 

食事と健康に関する所さんのお話

食事と健康に関する所さんのお話

『食べることって大切なことだと思うんですけど、生きていく上で。

でもそこって結構雑な人が多いように思うんです。

何でも口に入れちゃうし、ちょっと小腹が減ったって食べちゃうし。

確かに、カロリーだったり必要条件を満たすだけ食べればいいってことなんですけど、

ちょっと食の方向性が違うように見えるんですけど…』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(所さん)

 

もうだいぶ前から、食への感覚は変わっているよね。

散々食って、運動する施設にお金払って、運動して。

 

ランニングマシーンとかわけのわからないものの上走って、

エネルギーを消化するんだ、みたいなね。

 

だから、

自分で放火して、自分で消化して、みたいな話じゃん。

自分で火つけては消して、消しては火つけて、

そんなのはずいぶん前からなってて。

 

でもまあ、

そこで分かっている人はそんなことしなくなるし、

「これ俺、自分で火つけて消してるよな」っていうのを気が付けばやらなくなるし、

そうできない人もいる。

 

スマホを歩きながらやったら危ないなって思ってる人はやらないし。

 

危ないと思っていない人は、

やりながら交通事故起こしたりするし。

 

痛い目にあってやんなくなるってことじゃないの?

 

何もみんながみんな安全に暮らそうぜっていうんじゃないと思う。

 

気付かない人は、気付かないでケガすればいいんだと思う。

 

だから、

食べて食べて太るっていう人は、太っちゃえばいいんだと思う。

身体の調子が悪くなっちゃう人は、なっちゃえばいいと思う。

 

何もみんなで手を繋いで未来に行こうぜなんて、

そんなことしなくてもいい。

 

個々が大人なんだから、それぞれがジャッジすることですよね。

食べて太ったり、体調が悪くなるんだったら、

食べるのをやめたり、見直せばいいだけのこと。

 

それができないことを自分以外のせいにしちゃいけない。

 

みんなはね、

美味しいモノに気が付かないの。

コンビニにカップになってて、パイナップルも入っていれば、

イチゴも入っているっていうすごい合理的なフルーツを食べる。

 

繊維質を摂らなければ、ビタミンを摂らなければって。

都合の良いものばかり買って食べるんじゃないっての。

 

ウチは剥く作業はめんどくさい、

手は汚れる、

皿は洗わなくちゃいけない、

自分が剥いたのに誰かが食べ始めちゃうみたいなことがあるわけじゃない。

その作業を含めて美味しいわけだよね。僕は。

 

皆さんは、

剥く作業は誰かがやってくれて、

一口サイズに切ってあってというものを、ビタミンが入ってるからって食べてるけど、

そこには美味しさを感じないんですよ。僕は。

 

どうしてもプロセスがなければ美味しいと感じないの。僕は。

 

だから、例えば、戦車のプラモデルとかさ、

自分が作ったプロセスがあるんで、良いねえ!となるわけだよ。

 

それがさ、

誰かが作った戦車にカッコイイねって言ってんのはさ、

ジャッジ係になっているのと同じじゃん。

となると、「俺は何者だよ?」って反省しちゃうから。

審査委員かよ、俺はって。

 

みんなそれを知らないんだよ。

 

ミカンを剥く、

めんどくさい、

フサをとる、

種を出す、

口に運ぶ、

そのあと手を洗う。っていうのが、あるから旨いんだよ。

 

それを、

全部めんどくさくて、コンビニで買って、食べて、

「このミカン甘い」って。

 

でもそれは、

誰かがジャッジしてくれて商品になっているんだから。

 

酸っぱいものとか、まずいものとか、

カスカスなのにあたって、その先にやっと甘いのが出てきたのが旨いんだよ。

だから旨いの。

 

ハズレも引くから旨いわけで。

誰かが甘いものをって用意したものを食べたって甘いのは当たり前で。

 

俺が選んだミカンなのに、

食べたらスカスカで美味しくなかったとか、

なんだよ、次もスカスカかよって。

でも次は、お!これは旨い!今回は当たりね。って思うのが旨いわけで。

 

それを誰かがジャッジしてくれたものにお金を払ったり。

せっかくの旨いまでいく道筋をお金を払ってまで省略してどうするんだよっていう。

 

大切なことを忘れてるよね。みんな。

 

食生活と健康の関係

食生活と健康の関係

2つの所さんのお話。

 

いかがでしたか?

 

食生活の中で、

現代では、できるだけ低カロリーで、

高タンパクで、ビタミンとか、ミネラルがいっぱい入っていて。

 

肉は身体にいいとか、悪いとか、

野菜はたくさん食べた方が身体にいい。

白米より玄米がいい。

マクロビがいい。食品添加物は恐ろしい。

 

あげればキリがないほど、

食の知識はありふれています。

 

食生活を整えて、

病気が改善する人がいて、

 

食生活をこだわっているにも関わらず、

癌に出る人がいて、

 

コンビニ弁当を食べて、健康な人がいる。

 

食生活と健康と深い関係があることは誰しもご存知ですが、

本当に大切なことは、何を食べるかなどではなく、

日々の食事を、

美味しく、楽しく、笑顔で食べているかどうか?なのです。

 

一人でもいいし、

家族での食卓でも、

その日、ご飯を美味しく食べることができることに感謝し、

笑顔で食すること。

 

これが、食生活の上でもっとも大切なことなのです。

 

それを所さんは、独特の言い回しでお話されています。

 

これは、

現代の中でもっとも大切で、みなさんが忘れていることではないでしょうか?

 

僕は、

身体にいいご飯を暗い表情で食べるより、

家族と、カップラーメンを笑顔で食べたいです(^∀^)

 

まとめ

不安症、不安障害、パニック障害の常識を壊し、新たな世界へ

今日は、不安症、不安障害、パニック障害の改善するための思考法を、、

所ジョージさんの考え方、生き方にヒントを得てお話しました。

 

第一弾にも書きましたが、

所ジョージさんは、

20代より、30代。

30代より、40代。

40代より、50代…。

 

と、どんどん楽しくなるとおっしゃられています。

 

 

同じ出来事でも、

あなたは辛い現実と考えているかもしれませんが、

全く同じ出来事でも、

それを楽しむ方向で考える人もいます。

 

その差はなんなのでしょうか?

 

同じ現象でも、

人により見方が違う。

 

ということは、

あなたは、

自分で選んで、辛く暗い人生を選んでいるだけなのかもしれません。

 

それを見直し、

楽しく、面白い人生を選ぶこともできます。

 

それは環境や、周囲の人のせいではありません。

 

全ては、あなたの選択次第なのです。

 

今日のブログを読まれて、

面白いなと思った人もいれば、

そんなこと言われても…と少し苛立った人もいるかもしれません。

 

苛立つ人は、

なぜ、このブログを読んで苛立ったのか?ご自身で考えてみてください。

 

苛立つことにも、また意味があるかもしれません。

 

このブログが、

あなたの生き方を豊かにするキッカケになれば嬉しく思います。

 

なかなか、ブログで伝えることは難しいなと感じますし、

乱文でわかりにくいことも多いと思います。

ぜひ、ご興味ある方は、ご質問ください!

 

それでは今日はこの辺で!

 

パニック障害・不安障害について詳しくはこちら

パニック障害・不安障害

この記事に関する関連記事