観察点14 安定

今までに何度か似たようなことを書いた気もしないではないけど、

最近の心身のめまぐるしい変化の中で、

やっぱり大切だと再認識できたことなので書いています。

 

みんなが過剰に求めて、手に入れようとしている「安定」とは一体なんなのか?ということ。

 

はっきり言ってしまえばそんなものは存在していない、

ただの幻想に過ぎません。

 

安定した大企業に勤めていれば安心??

 

そこそこの会社に入って、マイホーム買って、できれば大きな病気もなく…

 

安定は、さらなる不安定を作るということを言い続けていますが、

安定を求めることがもっとも不安定を招き、問題を問題として認識する心を作ります。

 

それが身体の症状をも伴い、より自覚化しやすいように身体は働きかけてくれます。

 

わかりやすく言えば、

雪道を滑るかもしれない、と思いながら歩けば滑らないし、仮に滑っても想定していますから大きな転倒には繋がりにくいです。

ですが、

より安全なとこで、不意に目に見えない氷の膜に足を踏み入れたらド派手に転倒するでしょう。

 

みなさん自身が思う「安定」を考え直すべき時がきていると思います。

 

どれだけの大企業であろうと、安泰というのはありません。

 

症状がない状態を安定というのなら、症状が出ない病気は安全なのでしょうか?

 

マイホームを購入しても年々価値は下がるし、天災があれば突如住めなくなります。

 

今ある世の中の仕事のほとんどは無くなります。

なくなる仕事の代表例としては、スーパーやコンビニのレジうちの仕事、レジそのもの、企業の中間管理職も不要になるでしょう。

配送業、運送業も今は好調ですが、そのうち無人機でのオートメーション化でドライバーが不要になる時代がきます。

 

 

今の世の中を占めている8割以上の仕事は無くなることは確実とされています。

 

そんな世の中、義務教育も高校や大学での学問も、

僕は90%必要ないと考えています。

せっかくの多感な成長期の子供達に無駄な時代遅れの常識を与える時間でしかないと思います。

 

これからの時代で大切なことは?

 

それはシンプルで、

 

自分が好きなこと。やりたいこと。ただただそれを磨くことです。

それが価値になり、仕事になる。

そんな時代です。

 

どうすれば安心か?

 

どうすれば安定するか?

 

そんなことはどうでもよくって、

「あなたは何をして人生を過ごしたいのか?」

それがとても重要な時代だと思います。

 

それが問われている。

そんな時期、時代なんだろうなと日々感じます。

 

あなたの情熱にもっと素直に。もっと正直に。

 

本音を大切にしてあげてくださいね。

 

 

観察について

 

このブログでは今までに観察出来たポイントを不定期に紹介していきたいと思います。

なぜこのような取り組みをしようという思いに至ったかはいくつか理由があるのですが、

その一つは、

こうして皆さんに紹介するにあたり、

自分の観察がどこまで観えて、観えていないのか、記録していきたいという思いもあります。

 

 

観察は、

姿勢や仕草、その方が身につけているもの(服や靴など)を通して、

その方がどういう方で、性格的、身体的にどんな癖があるのか可能な限り読み取るものです。

 

自分がわかる範囲のことしか観えないのが観察ですが、

ブログを読んでくれている方は、

多少なり日常の参考にしてみていただいても構いませんし、

ご意見や感想などがあれば、コメントいただければと思います。

 

 

※ここで述べるのは、私自身の個人的な観察による推察であり、科学的根拠などはありません。またこのブログにより読者の皆様に万が一損益を被ることがあっても当方で責任は一切取りかねますので、予めご了承ください。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事