不安障害、パニック障害を改善するコツは「塩」だった!? ほとんどの人が知らない「塩」の力

おはようございます。

整体庵大空の下大前です。

 

今日は、

 

『不安障害、パニック障害を改善するコツは「塩」だった!? ほとんどの人が知らない「塩」の力』

 

というお話をしたいと思います。

 

 

不安障害で悩む方は年々増え続け、

10人に2人は経験すると言われるほど、急増している病です。

 

一般的に不安障害では、心療内科に行って、症状を抑える薬を処方されたり、

不安を克服するような、訓練を受ける場合もありますが、

ほとんどの方は薬に頼るのではないでしょうか?

 

しかし、実は、この一連の流れには大きなリスクがあり、結果的に不安障害を改善するどころか、

逆に悪化させる結果になります。

 

なぜ、薬での治療が不安障害を悪化させるのか?

そして、不安障害を改善するコツの一つである、

「塩」の知られざる本当の力をお話したいと思います。

ご興味ありましたら、読み進めてみてください。

 

それではお話していきましょう。

 

ー今日のお話ー

  1. 不安障害はなぜ薬で悪化してしまうのか?
  2. 不安障害になぜ塩が有効なのか?
  3. 塩の知られざる力
  4. 不安障害を改善するために
  5. まとめ

 

不安障害はなぜ薬で悪化してしまうのか?

不安障害は薬では改善しない

不安障害には、パニック障害やPTSD(心的外傷後ストレス障害)など10種類以上の症状に分けられており、

精神科や心療内科に行くと、ほとんどの場合で薬物療法が選択されます。

はじめは1種類の薬でも、服用を続け効果が薄ければ、2種類になり、

それでも効果が薄ければ、3種類になり…

という感じで、どんどん薬の処方量が増える傾向にあります。

 

なぜ、気分を落ち着ける精神薬は、

不安障害を改善できないのか?

 

それは、いたって簡単な理由です。

この薬の作用に、不安障害を治す効果が一切ないからなのです。

 

精神薬系統の薬は、不安障害の種々の症状をぼやかすことは出来ても、

根本的な原因治療とはあまりにもかけ離れているからです。

精神薬が、不安障害を改善しないだけであれば、

まだ良いのですが、

改善しないばかりか、この薬そのものに強い中毒性があり、

いざ精神薬の服用を止めようとすると、離脱症状に苦しむことになります。

これは覚せい剤や、大麻と同じで、

実際に精神薬系の薬の化学式は、ヘロインやコカインと類似した構造しており、

薬物中毒による依存性がある点なども同じです。

 

精神薬には、不安障害を解消する効果は一切なく、

依存性を作り、薬物中毒を引き起こすだけの薬なのです。

医師が、「これで不安障害がよくなるよ」と言って処方する分、

大麻や覚せい剤よりも、タチの悪い薬と言えます。

 

では、なぜ、このような薬が今日も普通に処方されているのでしょうか?

それは、僕たち病院にかかる側の人間にも原因があります。

 

不安障害が、

精神異常で不安を感じるという病気で、その症状を和らげたいという患者のニーズに答える形で、生み出された薬が、

精神薬です。

病院はサービス業ですから、

本来の原因はさておき、患者が苦しむ症状を今すぐ取り除くことをしないと、患者のニーズは満たせず、ヤブ医者と呼ばれかねません。

そういう経緯で、

根本的な改善もなく、将来的には薬物依存することがわかりきっていても、

今の症状をぼやかすことができれば、

一応患者さんのニーズは満たすことができます。

 

しかし、本当にこれでいいのでしょうか?

あなたはこれを医療と呼べますか?

 

まず、患者さんとして病院にかかる僕たちが、

不安障害は、病気ではなく、薬で改善するものではないことを理解する必要があるのではないでしょうか。

 

薬物依存については、

少数ですが、医師も危険性を啓蒙している方がいますので、

ぜひご自身でも情報収集してみてください。

 

不安障害になぜ塩が有効なのか?

不安障害は塩で改善する

さて、

本題の「塩」が、なぜ不安障害を解消するコツなのかをお話していきます。

もちろん不安障害で悩む方全員を一瞬で解決することはできません。

しかし、ある程度継続していくことで少しずつその効果を実感できると思います。

その方法はごく簡単です。

 

今現在、自宅で使っている塩をみてみてください。

おそらく、塩であることは変わりありませんが、

現在スーパーで売られている塩は、ほとんどが、人工的に精製された、

「精製塩」です。

実は、塩と名前はついていても、

天然塩(岩塩、海塩)と精製塩は全く違う性質なのです。

 

塩は、塩化ナトリウムが大部分を占めていますが、

マグネシウムなど、体に必要な微量ミネラルが含まれています。

特にこの微量ミネラルは、

脳・脊髄含めた神経系の正常な働きにとても重要なミネラルで、

このミネラルが不足すると、

神経系の働きにトラブルが生じやすくなります。

 

不安障害の原因の一つに、

必要な微量ミネラルが不足している可能性が高いのです。

 

天然の岩塩や精製されていない海塩には、この微量ミネラルが含まれていますが、

精製された塩は、塩化ナトリウム以外の微量ミネラルが精製過程で

ほとんど取り除かれ、中身のないただの塩味の白い粉になってしまいます。

 

そして、スーパーで売られている塩のほとんどは、

この精製塩なのです。

それを塩と勘違いして小さい頃から摂取を続けると、

当然、微量ミネラルが不足し、神経系に異常を引き起こすことは目に見えています。

当然ですが、外食をすると精製塩以外は使われていないと思った方がいいでしょう。

その理由は、天然塩に比べて価格が安いからです。

塩はもちろんですが、

その塩を使ってできるのが、醤油や味噌などの塩分です。

醤油や味噌も、スーパーには偽物ばかりが並んでおり、

吟味して、天然醸造されたものを選ぶ必要があります。

 

塩を中心とした調味料を天然のものに変えてみてください。

これを半年〜1年以上を継続していくと、

神経系の働きが正常化し、思考や感情まで少しずつですが、変化を感じることができると思います。

 

 

塩の知られざる力

塩の本当の力で不安障害を解消する

現代は、塩は取りすぎると良くない、減塩が必要、などと言われています。

医師もこぞって減塩を勧めています。

 

しかし、取りすぎているのは精製塩であって、精製塩を取りすぎると確かに、

高血圧やむくみなどが現れやすいですが、

微量ミネラルを含む天然塩は、むしろ摂取不足なのです。

その結果、不安障害という原因不明の不自然な病を発生させて、

その不自然さを、薬でごまかそうとする不自然な行為の結果が、

不安障害が年々増えていることに繋がるのです。

 

塩は、単なる調味料ではなく、

人の体にとってとても重要な意味を持ちます。

 

そんな塩の凄さを示す、まつわるお話をいくつかご紹介しましょう。

 

 

サラリーマンの語源は塩(salt)

塩は昔給与だった

サラリーマンという言葉があります。

会社の従業員として働き、お給料をいただくという一般的な仕事です。

このサラリーマンという言葉の語源は、

「salt」と「man」だそうです。

 

その昔、現代のように貨幣が流通していない頃、

それに変わる給与として、「塩」を渡していたそうです。

それほどの、価値が当時からあったのが塩なのです。

もちろん科学的なことは当時はわからないと思いますが、

そんなことはわからなくても、

経験的に、天然塩がどれほど身体にとって重要かをわかっていたのでしょう。

 

減塩を意識した幼稚園の話

とある幼稚園でのお話です。

減塩が体にいいということから、この幼稚園では給食を可能な限り薄味にして、

保護者にも減塩の食生活を指導していました。

しかし、外部から訪れた人に、

「ここの園児たちはみんな元気がないね」

と複数の人に指摘されたそうです。

そこで、給食を見直して塩を天然塩にして味付けも濃くして見たところ、

園児たちは目の輝きを取り戻して、みるみる元気になったそうです。

塩がいかに体の神経系に必要なミネラルを含んでいるかということがわかると思います。

 

塩の放射能解毒の力

塩のすごい解毒力

1945年8月9日 長崎に原子爆弾が投下されとんでもない数の人がなくなり、

その後現在でも被曝に苦しめらる人がいます。

そんな原爆投下直後に塩が大活躍していたことはほとんど知られていません。

爆心地からたった1.4kmの距離にあった長崎浦上第一病院(今は聖フランシスコ病院)は、

職員が全員被曝し、それでも懸命に患者さんの治療に当たっていました。

そんな中、病院長の秋月辰一郎先生が、

「被曝した人に塩が有効だ。塩がしっかり効いた玄米おにぎり、味の濃い味噌汁を毎日食べろ。職員も同じものを食べること、砂糖は絶対に食べてはダメだ!」

そういい、患者の救助に当たった病院職員は1人も原爆症の症状が出ることなく、

戦後まで生き延びたそうです。

戦後秋月先生は、

自らの著書「長崎原爆記ー被曝医師の証言」の中で、

このことを語ってくれています。

この本は、

チェルノブイリ原発事故の際にヨーロッパで広く読まれ、

日本のみそや塩の輸出量が相当増えたと言われています。

遠いヨーロッパでは、世界で唯一の被曝国である日本の医師の経験が

生かされているのに、肝心の我が国では

福島の原発事故後にはこのような知識が広まることさえなかった。

それだけ、私たち日本人の被曝に対する認識が劇的に低いと言えるでしょう。

話は少しそれますが、

日本は、レントゲン、CTの保有数、またそれを利用している患者数が世界でダントツ1位です。

唯一の被曝国として、世界に被曝の怖さを訴える立場にあるはずの日本が、

世界でもっとも被曝に対して寛容な国になっていることは、本当に残念な話です。

 

このように放射能をはじめ、体に有害な物質を体外へ排出する時に、塩の力が必要になるのです。

 

※写真は原爆投下後の長崎浦上第一病院

不安障害を改善するために

不安障害を改善するために

不安障害を解消するためのコツとして「天然塩」を摂取しようというお話をしてきました。

気分の変化が出るまでには個人差がありますので、

少し時間がかかるかもしれませんが、

それでも継続してみてください。

 

根本的に、不安障害を解消するために必要なことは、2つあります。

  1. 食生活を自然なものを選ぶ
  2. 物事の根底にある常識を疑ってみる

ことなのです。

今日は、1の食生活の中の「塩」の部分にフォーカスしてお話してきました。

加えて、

整体やお話をする中で、

2の不安を感じる事象に対しての常識を疑ってみるということを行なっています。

物事をみる視点が一つであれば、どうしても不安な側面ばかりが見えてしまいますが、

その視点を増やすことができれば、

不安な裏にある希望や、楽しさに気づくことができると思います。

 

まとめ

食生活を見直すことで不安障害を解消するきっかけに

いかがだったでしょうか?

今日は、不安障害のの新たな真実「塩」のお話をしました。

おそらく、

不安障害に対してこんなことを言っている整体師はかなり少ないでしょう。

 

ですが、

あなたが知っている身体の常識、世間が信じている身体の常識は、

ごく一部でしかなく、正解かどうかもはっきりわかりません。

 

その中で、何を信じて、

何を実践するかは、あなたが選ぶことができます。

 

 

ぜひ、このブログを参考に、日々の生活を見直して見てください。

 

また、わからないことがあればどんどん質問してくださいね。

 

それでは今日はこの辺で!

パニック障害・不安障害について詳しくはこちら

パニック障害・不安障害

この記事に関する関連記事