逆流性食道炎

なぜ?病院に行っても改善しない逆流性食道炎が根本的に改善し、前向きな生活を取り戻すことができるのか?

なぜ?病院に行っても改善しない逆流性食道炎が根本的に改善し、前向きな生活を取り戻すことができるのか?

なぜ、整体庵大空で逆流性食道炎の辛い症状が変化するのか?

プロの中のプロ施術を受けることができるから

あなたはこんな不安やお悩みをお持ちではありませんか?

数カ月以上胃の痛みが続いている、のどの奥にイガイガいした違和感がある、

内科でもらった薬が効果がない…
もうずっとこのような不安を抱えたまま生活しないといけないと思っていませんか?

 

もしあなたが…

  • お腹の張りが強く苦しい
  • のどのイガイガ、ヒリヒリした違和感が取れない
  • 食後の胃もたれがある
  • 頻繁にげっぷが出る
  • よく咳き込むことがある
  • 内科で薬をもらったが効果がない
  • 食事をすることが楽しくなくなった

このようなことで悩んでいるのであればぜひこのまま読み進めて下さい。

あなたにとって、私が希望を感じれる存在であることがわかるでしょう。

医師からの推薦文

整体庵大空は医師が推薦しています

婦人科医師の推薦状

整体庵大空を推薦します!

地元新聞でも取り上げられている整体院です

取材時の動画で、少しですが整体の内容などをお話しています

ラインお友達登録

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎 仕組み

逆流性食道炎は、

胃の中にある食物を消化するための「胃液」が食道に逆流することにより、

食道の壁が胃液によって溶かされ炎症が起こることで、

胸焼けや喉のイガイガ感、吐き気など様々な症状を引き起こします。
正常時は、胃液は「下部食道括約筋」という胃の入り口は胃液の逆流を防ぐ構造をしています。
胃壁は、もともと胃液の強い酸に耐えられるようとても強い構造なのですが、

胃液が逆流すると食道の壁には胃液に耐えられる構造ではないので、

胃液の酸によって溶けて炎症を起こします。

逆流性食道炎に悩むあなたにまずお伝えしたいのは、

この病気は体が異常だから起こることではなくむしろ正常だから起きている現象だと言えることです。
それはこのページを読み進めると理解できると思います。

 

逆流性食道炎が病院の治療で改善が見られない理由とは?

逆流性食道炎は病院で治療を受けてもなかなか改善が見られません。

これはなぜなのでしょうか?

その原因を4つにまとめてみました。

 

逆流性食道炎の原因1 内臓の機能低下

逆流性食道炎 精神的ストレス

内臓機能はストレスがかかると働きにくくなります。

逆流性食道炎で悩む方の多くは仕事のストレスや人間関係のストレスなどを抱えているのではないでしょうか?
体はストレスを抱えると交感神経優位という状態になり内臓機能が低下します。
内臓機能が低下すると、

食事後に消化不良を起こし消化が進まないので、

反動で胃液を過剰分泌しようと体が反応してしまいます。

逆流性食道炎の原因2 肉食傾向に偏る食生活

逆流性食道炎 治療

食べ物の消化にかかる時間は食べ物によって変わります。

例えば、おかゆでは2時間程度で消化されますが、

牛肉では15時間以上かかります。
つまり野菜などが少なくて、

肉食系や砂糖の多い食生活では消化にかかる時間が多く、

こういった食生活を長年続けていると長年胃液が過剰分泌されている状態が続きやがては逆流性食道炎の状態になります。

 

逆流性食道炎の原因3 食事の量が多い

逆流性食道炎

食事量が多いほど胃液の分泌は当然多くなるのですが、

現代人はほぼ全ての方が3食を食べると思います。

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、

3食をしっかり食べていると人間は食べ過ぎの状態になります。
昔江戸時代以前では1日に2食が通例だったそうです。

江戸時代の活動量は現代人より数倍高いことを考えると3食を食べてもいいものですが、

2食しか食べなかったそうです。
現代人は食べ過ぎの状態が慢性化し、