観察点17 したいこと?、やらなあかんこと?

整体中、

「どうしたら、良くなりますか?」

「何をすれば、治りますか?」

 

とよく聞かれます。

 

だけどそれよりも大事なのは「どうすれば治るか?」というより、

 

何をするために治りたいのか?

 

という部分の本音だと思います。

 

皆さんは、

治ったらやりたいことってありますか?

 

そのやりたいことは、

皆さんが心の底からやりたいと言い切れることですか??

 

もし、

「治ったらやりたいこと」は「やらなければいけないこと」だったとしたら、

その本音は「やらなあかん事=正直やりたくないこと」である事をまず自覚する必要があるかもしれないです。

そんなことになんの意味があるんだ?って思われるかもしれないですけど…

 

僕は常々、

整体に来られる患者様にはお伝えしていますが、

身体はむやみに意味もなく自分を苦しめるために症状を出したり、

病気にかかったりすることはありません。

 

自分が正直やりたくない事を、

やらなければいけない事だと自分自身で思い込ませて、心身を無理強いさせていては、

それを静止する意味を持って病気や痛みなどを引き起こします。

 

治ってやりたい事。

それが、やらなければいいけない事だと思い込んでいる場合、

本音ではやりたくはない事ですから、

その考えを改めない限り、やりたくない事をやるストレスから心身を守るために、

身体は症状を出し続けるでしょう。

 

大切なことは、

どうすれば治るか?よりも、

「治って何がしたいのか?」ということ。

 

そしてもう一つ。

その「治ってしたいこと」とは、心の底からやりたいことなのか?

それとも、

やらなければいけない(と思い込んでいる)ことなのか?

 

そこをまず考えて、身体の正直な声に耳を傾けてあげることが大切だと思います。

 

生まれてから、死ぬまでの間で絶対やらなければいけないことって本当にありますか?

僕もよーく考えてみました。

皆さんも時間があれば一度考えてみても損はしないと思います。

 

絶対やなくちゃいけないことがあるという意見をお持ちの方はそれで全然いいと思います。

 

僕個人はやらなくちゃいけないと思い込んでいることはあっても、

自分が絶対しないといけないこと、は何一つないと今は思っています。

 

昔は違いましたけど。

 

もし、絶対やらなければいけないことがあるとすれば、

何もできない、赤ちゃんや、高齢の方、障害をお持ちで方など助けを必要とする方は、何もできない人=価値がない人。になってしまいます。

 

人の価値は何かできるからあるのではないです。

 

生まれて存在すること自体すでに満点の価値があって、

肉体としてはいなくなっても人の記憶にあることですら大きな価値を持っています。

 

良く、「いい母親でいたい」と悩むお母さんから相談を受けますが、

その悩みは根本的に違うと思います。

 

母親として存在する時点で子供にとっては十分なのに、

母親らしい事をしてあげられないと悩むのはある意味自意識が過剰な悩みでもあるかもしれないですね。

 

「やらないといけない事」と思い込んでいる事を、

まず自覚して、

なぜそれをやらなければいけないと自分考えているのか?

そこと向き合うことが重要だと思います。

そのためにヒントが病気や症状です。

 

 

偉そうにいう僕も、

以前は何かしていないとずっと不安でした。

 

特に20代は、

ガムシャラに学び、いろんな人に会いにいっては整体を学んでいました。

休みは月に1日あればいい方だったと記憶してます。

それは忙しかったのではなく、

休むことに僕が抵抗があって、忙しくしていたいと思っていたからというだけです。

もっと学ばなくちゃいけない、人より努力して認められたい、

そんな想いが原動力でした。

 

それがあったからこそ今の僕があるわけで、

それはそれで素晴らしいことだと思ってはいますが、

今振り返ると、そんなに力んでやることないのになと思えます。

 

今は無駄と思うような経験が後に活きたり。

その時意味が大いにあると思ってやっていたことに、後々なんの意味もないと気づいたり。

人生色々ですが、全ての経験には必ず意味が存在しています。

 

 

なので今は、

家でボーッとしていても「何かやらなくちゃと」焦ることもなくなりましたし、

月1だった休みも週に最低2日以上は休んでいます。

 

1日に働く時間も平均して6時間程度です。

 

そんなに力んで、辛い体をなんとかごまかして、

笑顔を失ってまでやらなくちゃいけないことって、本当にあるでしょうか?

 

それでも、やらなくちゃいけないんだ!と思って頑張ってやることも悪くはもちろんありません。

このブログを機会に自分の価値観を見直されるのもいいかもしれません。

 

どんな世界観も間違ってはいません。

 

重要なのは、

その世界観を選択出来るのは自分自身しかいないということですね。

全ての経験には素晴らしい意味があります。

もちろん失敗や挫折、苦い経験にも大きな意味があります。

 

経験しないほうがいい経験は存在していないです。

だから安心して自分の直感で人生を進んでいけば、

一見無駄で遠回りな経験ですら活きることに必ず繋がります。

 

 

話がだいぶんそれて来たので、

今日はこの辺にしたいと思います。。。笑

 

最後まで、

お読みいただきありがとうございました。

 

皆さんの個々の幸せを心から願っております。

 

 

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事