観察点8 靴

今日の観察テーマは「靴」について。

靴について書くのはこれで五人目かと思います。

 

 

今日はこの靴を観察してみたいと思います。

 

この方の靴は、左よりも右靴の方が少しよれている感じがあるので右重心傾向があり、

右のつま先で強く地面を蹴って歩く癖があり、やや後方重心ですね。

足腰が重い、痛むというお悩みはお持ちかもしれません。

それは、ある意味行動力に欠ける部分があるかもしれませんが、

「やらなくちゃいけないんだけど、なかなか実行できないんだよね…」というような一面がある方かな?と思いますが、

人に何かを頼まれたりするととても完璧にやってくれて、

頼んだこと以上にいい感じにやってくれるようなとても優しい方だろうなあと思います。

その分なかなか自分の言いたいことを言いにくかったり、

少し騙されやすい?部分をあるかもしれないので注意ですね。

でも、本当に優しい方だろうなと思います。

靴一つからどんな人だろうか…?

と想像していくことって楽しいです。

そして、実際にその方とコミュニケーションをとる中で、

「こんな一面もあるんだ!」と気付くこともありますね。

 

観察について

 

このブログでは今までに観察出来たポイントを不定期に紹介していきたいと思います。

なぜこのような取り組みをしようという思いに至ったかはいくつか理由があるのですが、

その一つは、

こうして皆さんに紹介するにあたり、

自分の観察がどこまで観えて、観えていないのか、記録していきたいという思いもあります。

 

 

観察は、

姿勢や仕草、その方が身につけているもの(服や靴など)を通して、

その方がどういう方で、性格的、身体的にどんな癖があるのか可能な限り読み取るものです。

 

自分がわかる範囲のことしか観えないのが観察ですが、

ブログを読んでくれている方は、

多少なり日常の参考にしてみていただいても構いませんし、

ご意見や感想などがあれば、コメントいただければと思います。

 

 

※ここで述べるのは、私自身の個人的な観察による推察であり、科学的根拠などはありません。またこのブログにより読者の皆様に万が一損益を被ることがあっても当方で責任は一切取りかねますので、予めご了承ください。

パニック障害・不安障害について詳しくはこちら

パニック障害・不安障害

この記事に関する関連記事