観察点4 靴

今日の観察テーマは「靴」。

 

 

この方の靴は、

右靴の方が幅広く見えますが、左足後方に重心が乗りやすい方で、

同時に右足の小指に荷重しやすい癖があり、

腎臓膀胱(泌尿器系)の問題が出やすい方だと想像できます。

 

少し決めかねて迷ったり、悩んだり、することが多いタイプである方には間違いがないでしょう。

全体的には踵重心傾向なので、慎重派な一面もありますが、

自分の中で、考えがまとまったり、これだ!と思うことがあれば、

高い集中力を発揮する方ではないかな?とも思います。

 

こういう方は、

小指を角でぶつけたりしてケガをしやすいくて、

そのことで、足の親指に荷重をさせようと身体がしてくれます。

なので、雪駄など鼻緒のある履物を日頃から履いていると自然と親指を使うことに繋がるので、

オススメです。

 

観察について

 

 

このブログでは今までに観察出来たポイントを不定期に紹介していきたいと思います。

なぜこのような取り組みをしようという思いに至ったかはいくつか理由があるのですが、

その一つは、

こうして皆さんに紹介するにあたり、

自分の観察がどこまで観えて、観えていないのか、記録していきたいという思いもあります。

 

 

観察は、

姿勢や仕草、その方が身につけているもの(服や靴など)を通して、

その方がどういう方で、性格的、身体的にどんな癖があるのか可能な限り読み取るものです。

 

自分がわかる範囲のことしか観えないのが観察ですが、

ブログを読んでくれている方は、

多少なり日常の参考にしてみていただいても構いませんし、

ご意見や感想などがあれば、コメントいただければと思います。

 

 

※ここで述べるのは、私自身の個人的な観察による推察であり、科学的根拠などはありません。またこのブログにより読者の皆様に万が一損益を被ることがあっても当方で責任は一切取りかねますので、予めご了承ください。

足底筋膜炎について詳しくはこちら

足底筋膜炎

この記事に関する関連記事