不安・孤独・恐怖…。苦しい感情との向き合い方 登山家栗城史多さんの言葉 〜その2〜

おはようございます。

整体庵大空の下大前です。

 

先日、栗城史多さんの言葉をいくつかご紹介しました。

今日はその続編になります。

 

まだ読まれていない方は、こちらも合わせてお読みいただければと思います。

『不安・孤独・恐怖…。苦しい感情との向き合い方 登山家栗城史多さんの言葉』

 

栗城さんは、

5月21日、エベレスト北壁を無酸素、単独での登頂チャレンジ中に亡くなられました。

 

エベレストというと、

その名前は登山をしない人でも聞いたことはある、地球で一番標高の高い山です。

 

栗城さんがチャレンジしていた北壁ルートというのは、

多くのエベレスト登山者が登るルートであるノーマルルートに比べてはるかに難易度の高いルートで、

専門家曰く、

ノーマルルートを酸素ボンベありでなら、普通の大学生でも登頂可能だが、

北壁ルートを無酸素単独で登頂出来た人は、

世界中の名だたる登山家がチャレンジはするものの、未だかつて、

それを成し遂げた人はいないほど、はるかに難易度が高いルートだそうです。

 

そんな誰も知らない未知の領域にチャレンジしていた栗城さん。

 

しかし、

栗城さんは、

登山関係者の中では、大きな批判を受けていた人物でもありました。

 

死亡した今でも、

「ほらみたことか」と言わんばかりに、栗城さんを批判する人は多く、

その反面、絶大な支持もある人でもありました。

 

僕は、とても好きな方の一人でしたが、

それは登山家として栗城さんを尊敬していたのではなく、

自分がやりたいことを貫き通して死んでいったその生き様に尊敬の念が強くあります。

 

栗城さんより優秀と言われる登山家は数多くいるそうです。

しかし、それは、「登山家」という一つの物差しで、人を評価した時の基準であって、

登山家としての評価=人の価値ではありません。

 

現代では、

学校教育の中で、勉学や運動など、わかりやすい物差しで人が人を評価することが、

当たり前になっていますが、

そんなものは、とても小さな世界の話で、

人と比べることを当たり前にする教育で、人を幸せにすることなど絶対に出来ないと僕は断言できます。

 

栗城さんの価値は、栗城さんにしか決められないのです。

 

今日は、そんな栗城さんの言葉を、

講演や書籍の中からいくつかご紹介したいと思います。

 

否定・批判について

不安症、パニック障害とは?

栗城さんほど、

多くの共感と批判を受けた登山家は他にいないように思います。

 

人は、人から批判や否定されるようなことをわざわざしないようです。

 

特に現代は、

批判やクレームに敏感な時代ですね。

 

そのため、

人に批判されないように生きる、特別大勢の人から好かれたくはないけど、

一人でも否定的な意見を言われたら心が折れそうになる。

と、他人の目を気にしながら生きている人も多いですね。

 

僕の整体を受けに来ていただける人とお話をしていても、

やはりその傾向はあるように思います。

 

他ならぬ僕自身も、やっぱり人から褒められることは嬉しくても、

人から批判されていい気持ちにはなりませんね。

それでも以前よりも、僕はかなり人目を気にしなくなりました。

 

『人に批判される』というのはどういうことなのでしょうか?

 

僕は、

人に否定されること、人に批判されること、

は、=「人から共感もされていること」だと思います。

 

共感を得ない人は、人から批判をされることもないはずなんです。

 

人が一番さみしいと感じるのは、

否定も、共感もされない時だそうです。

つまり、それは「自分に注目がない」状態です。

 

「別に、注目はされたくないけど…」

 

と思う方もいるでしょう。

 

しかし、

注目されたいというのは、必ず誰しもにある普通の感情なのです。

赤ちゃんですら注目を求めて生きていますし、

動物が、一度も注目をされずに生きていくことは不可能なのです。

 

栗城さんも、生前はもちろん、亡くなられた今でも、

多くの方々から批判されています。

 

しかし、

言い換えればそれは、多くの方から共感を得ていた証でもあるのです。

 

もし、栗城さんが生前、その批判を恐れて自分の行動を小さくしていたら、どうでしょう?

 

多分批判もされなかったと思いますが、共感を得ることもできなかったはずですよね?

 

・人から批判を受けること。

・人からどう思われるかを気にする事。

 

それを怖がる必要はありません。

 

どんどん、否定されて生きましょう。

否定されるということは、よりあなたらしい生き方を選択している時です。

 

もし、他人からのなんの批判も恐れず、自分がやりたいことを出来るとしたら、

あなたはどんな生き方をしますか?

 

それが真実なのだと思います。

 

不安とは?

不安だと「答え」が欲しくなる

「不安」という感情は、

人間はもちろん、動物には必ずある感情です。

 

不安という感情を否定して、

苦しんでいる人は、現代ではとても多いですが、

前回の、お話で、

不安とは満たされているからこそ起こる感情であることをお話しましたね。

 

満たされているからこそ、満たされないと感じたり、

不安を感じるので、

どうすれば不安がなくなるか?と対処ばかり考えるのではなく、

不安を感じることが出来る前提には、

すでに満たされた幸せがあることを心底気付く必要があるのです。

 

不安を消そうと対処して、消えることがあるでしょうか?

 

不安に対処して、乗り切っても、また次の不安がやってきます。

 

安全と言われる生活を選んだとしても、

不安は必ずつきまとうはずです。

 

『不安は、自分そのもの』

 

栗城さんはそのように著書で言われています。

 

自分は不安とともにある。

自分がどんな道を選んでも、絶対に「この先どうなるのか?」という不安を感じて、

進んでいくことになります。

 

ならば、いっそのこと、不安を受け入れて進んでみてはどうでしょう?

 

不安を感じるから、面白い、楽しいという感情も存在し得るのです。

光は、暗闇があるから光と認識できるように、

光っている場所に光を照らしても、光かどうかがわからないでしょう?

 

暗闇=不安があるから、光=希望、楽しい、面白いがわかる。

 

不安がなければ、成り立たないのが人間の人生です。

不安を感じれることに、感謝し、あなたらしい人生を送っていきましょう。

 

ボートは目的地がないと進まない

目的地がない不安

ボートの漕ぎ方を習う時、

一番大切なことは、力の入れ方や、体重移動ではなく、

「目的地」なのだそうです。

 

ボートは、ボートの漕ぎ方をいくら知っていても、目的地がなければ進まない。

 

人生でいうと、あなたにとっての目的地はなんですか?

 

もしかすると、

人生は、進み方を知ること以前に、

目的地を決めることの方がだいぶ難しいのかもしれません。

 

あなたの人生は、どこに向かっているのでしょう?

 

大切なことは、

人生の目的地を決めようとしないことです。

 

…???

 

よくわからないかもしれませんね。笑

 

こうなりたい、理想の自分を目指す、人生の夢や目標を決める、

こう考える必要は全くありません。

 

大切なことはシンプルです。

 

あなたが、興味のあること。

ただただ、理屈なく楽しいと感じること。

 

人生の目的地は、決めるものでも、考えるものでもなく、

今この瞬間に、すでにあるものだと僕は思います。

 

他人の評価や、不安や恐怖、損得に囚われず、

そんなものが無いとしたら、

あなたはどんな生き方をしますか?

 

 

自分の人生の目的地に気づいてあげましょう。

 

あとは、その進み方を考えるだけです。

 

あなたの目的地を批判する人がいたらその人に感謝しましょう。

それだけ共感して応援してくれる人がいるのですから。

 

まとめ

不安症の常識を壊し、新たな世界へ

栗城さんは、

 

登山家としての物差しで見れば、

まだまだ上の人がいる、発展途上の登山家だったかもしれません。

 

ですが、死ぬその時まで、

自分がやりたい目的地を見定めて、そこにトライしていたことは間違い無いでしょう。

 

もし、生きて帰ってきて、

数十年立って人生を振り返っていれば、

栗城さんは、過去の自分を反省して、考え方が変わっていたかもしれません。

 

人の批判をすることは簡単です。

 

自分の人生の目的地が定まっていない人は、

得てして暇なんです。

だから他人の言動に反応する暇があるんです。

 

現代では、

人の不倫や、人の失敗を、ワイドショーで取り上げては、

みんなで批判する番組が視聴率が取れるそうです。

 

ということは、

それを見ている人がいて、共感しているということになり、

多分、自分の目的地がわからない人が世の中に多いんだと思います。

 

人の批判をすることは、一番楽なこと。

 

でも、人の言動をどう感じるかを、自らの気付きにできる人は本当に少ないなあと思います。

 

人がどんな想いで、どんな行動をしているかを評論家気取りで、

論評する必要などあるのでしょうか?

人生で無駄な時間があるとすれば、

人のことにいちいち評論するようなことだと僕は思います。

 

自分がどうしたいのか?

自分が何がやりたいのか?

 

それのみが大切なんだと思います。

 

このブログは栗城さんのインタビューや著書から、

お言葉をお借りしています。

 

皆さんの人生において、何か気付きになることがあれば嬉しく思います。

それでは今日はこの辺で!

 

☆栗城さんの著書はこちらから購入可能です。

ぜひ読んで見てくださいね。

パニック障害・不安障害について詳しくはこちら

パニック障害・不安障害

この記事に関する関連記事