不満や不安が心身の疲労の原因に?「所ジョージさんに学ぶ日々を楽しむコツ」とは

おはようございます。

整体庵大空の下大前です。

 

今日は、

 

『不満や不安が心身の疲労の原因に?「所ジョージさんに学ぶ日々を楽しむコツ」とは?』

 

というお話ですね。

 

以前に、

1、『原因不明のめまい、頭痛で悩む方へ「所ジョージさんに学ぶ心身の不調の考え方」』

2、不安症、パニック障害の原因とは?「所ジョージさんに学ぶ心身の不調の考え方」

 

という所さんのお話を紹介させて頂くブログを2つ書きました。

(読んでいないという方は、こちらもよろしければお読みください)

 

 

所さんの雑誌、『所ジョージの世田谷ベース』さんから文をお借りしてご紹介させて頂いたのですが、

その反響が思いの外大きく…

 

心身のことで悩むたくさんの方から、

 

「心が救われた!」

「自分の生きる価値観を見直すキッカケになった!」

「所さんがすごく好きになった!」

 

 

などのお声が多数ありました。

 

今回は、

その第三弾になります。

 

勝手に所さんの考えを紹介させて頂いているので、

雑誌作りに関わっている皆様には本当に申し訳ありません。。

 

 

僕自身とても尊敬する所さんのお話に、

少しでも多くの人が触れてもらえれば、

いいなと思い書かせて頂いております。

 

 

日々、疲れながら生活する事は、

当然のようになっていますが、

私たち人間はもちろん全ての生命は、

本来疲れることなどあり得ない仕組みを持って生まれて来ます。

 

そして、

心身の疲労が元になり、

慢性疲労症候群だけではなく、鬱や不安症など精神的な諸症状、

高血圧、心疾患、呼吸器疾患、リウマチなど自己免疫疾患、腰痛や肩こりまで、

あらゆる「病気」を引き起こす種になることがあります。

 

なぜ、人は疲れるのでしょうか?

どうすれば、疲れはたまらないのでしょう?

 

 

そのヒントになることを、

所さんのお話を交えながらご紹介したいと思います。

 

 

 

 

このブログは、

あくまで悩みがあり、自分を変えたいと思う方にはとても気付きが多いと思いますが、

悩みはあっても、まだ自分を変えようとは思えない人は、

気づきがない、つまらない話になります。

 

それでも読みたい方は読んでくださいね。

 

このブログを読んで、

どう感じて、これからどんな生き方を選択していくのかはあなた次第です。

 

 

それではお話していきましょう。

 

 

ー今日のお話ー

  1. 「疲れる」ってなんだろう?
  2. 経済的な不安
  3. 身体にいいとか悪いとかって…
  4. 不安や不満があると言うこと
  5. まとめ

「疲れる」ってなんだろう? 

疲れるってなんだろう? 

疲労の原因は、

行為や行動にはありません。

 

例えば、山登りが好きな人は、

週末の休みに徹夜で山登りをして、疲れが取れます。

 

しかし、

山登りが嫌いな人にとっては、山を登ることなど地獄のように感じます。

 

飲みに行くことがストレス発散になる人がいれば、

飲みに行くことがストレスに感じる人もいます。

 

山登りなどの、行為や行動そのものには疲労の原因はありません。

 

では、疲労の原因とはなんなのでしょうか?

 

それは、

その行為をどんな気持ちでやってるのか?

 

ということです。

 

本来、人間は精神的になど疲れないような仕組みを持っています。

肉体は、有限なので疲れる事はあっても、

一晩眠れば回復します。

 

寝て起きても疲れが溜まっている。

夜何度も目が覚めてしまうというのは、

精神的に疲れているのかもしれませんね。

 

本来疲れることなど知らない精神が疲れるというのは、

自分の生きる価値観、考え、にいい悪い、幸不幸などを二分するような思考があるからです。

 

精神とは、肉体を動かす「肉体の運転手」のような存在でもありますから、

精神の疲れは、当然肉体の疲れにもなり、

やがて、肉体そのものに影響を与えます。

 

それは、体調不良や、犯罪の種になることもあるでしょう。

 

でも、疲れるという経験は、

そもそも、自分は疲れることのない無限に溢れるエネルギーを持っているからこそ、

体感することができるのです。

 

「疲れ」とは、

私たちが本来、疲れを知らない存在であることを自覚させてくれる素晴らしいプレゼントなんですね。

 

経済的な不安から疲れる

経済的な不安から疲れる

例えば、

金銭的に不安で、お金がない。

 

で、その不安を解消する意味で働くというのが普通の流れでしょう。

 

しかし、

その生活の中では必ず疲労に付きまとわれます。

 

所さんは雑誌、世田谷ベースの中で、

こんなお話をされています。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

(退職金がなく、老後が心配という方へのアドバイス)

 

 

退職金制度がちゃんとしてる会社は、上司におべんちゃら言ったり、

仕事以外にも色々なストレスもある。

そこに対しての労いが退職金だから。

 

この人の場合、

申し訳ないけど楽な仕事してたの。

 

だから、この人の不安を言うなら、

考え方としてなんでも楽しく思うってことだよね。

急には思えないだろうけど、そう言う人たちは。

 

でもなんでも楽しく思うってことが大事なんじゃないの?

例えば、年金が13万円だったとするじゃん。

でも、その中で楽しいこと探せってことだよ。

何も30万あれば安泰なのになあなんて思うことが重要じゃないよ。

13万の中で「なんとかできるな」って思うことなんだと思いますよ。

 

13万とかそれより少なくても、

やってかなきゃいけないわけだから。

そこを嘆きながら暮らすのと、

ギリギリの生活でも楽しいねって言う暮らしではだいぶ違うからね。

 

俺が、20代の頃、

今のように仕事がなくて、月の給与が9万で、

1割引かれて81000円だったの。

 

その頃、ローン79000円でアメ車に乗ってたんだよ。笑

 

月の給与が2000円。笑

 

まだ若いから、お袋にガソリン代だけもらって、

なんとか生活してた。

 

ポケットに230円しかなくて、

喫茶店に行ったんだけど、

アイスコーヒーが250円なの。笑

 

でもそれ注文してから、

ホットコーヒーが230円だったことに気づいて。笑

 

そこを頼み間違えるのもまた面白いじゃん。

 

足りない20円は、免許証でも置いていけば後で払いにこれるかなとか考えて、

楽しんでたけどね。

 

誰にでも、

不安とか貧しいとか、切なさはあると思うよ。

でもそこで何をチョイスできるかだよね。

楽しく生きるって事は、その局面で何をチョイスできるかだよ。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

今ある環境に愚痴や不満を思えば、その環境にいることが疲れる。

 

愚痴を言いながら我慢してなんとかやってても疲れる。

 

でもその環境にある面白いものチョイスできれば、

疲労が疲労でなくなる。

生きていれば、不安や不満、切なさを感じる事は誰でもあるけど、

そこで何を大切にできるかで、

相当精神的な疲労は違う。

 

そう、所さんはお話しています。

 

誰でも、避けられない、

しんどいなと感じる時や環境ってあります。

 

でも、

その中で、何を選んで、見るかは、

全て自分自身が決めています。

 

疲れるような経験も、

疲れない自分を経験するために必要な経験なんです。

 

全ての経験は、必ずプラスでしかなくて、

疲れることも決して悪いことではないんです。

 

そうであれば、経済的な不安を抱えていても、

その不安な経験は悪いことではありません。

 

今この瞬間に、経験できることは、

全てに意味があって楽しいことなんです。

 

それを忘れないでくださいね。

 

人生、全て思った通りになる

悩める幸せ

 

「人生、全て思った通りに進んできた」

 

多くの人は、

そう聞いて、「そんな事はない」と思うはずです。

自分はこうなりなかったけど、結果なっていない。と思う人は多いでしょう。

 

人生が思った通りになってきた!なんて言う人は、

一部のお金持ちか、

夢を叶えてきた人の言葉だと思っていませんか?

 

しかし…

それでも思った通りになっています。

 

もっと言えば、

人は自分が見ようとしたものしか見えないし、

思った通りにしか人生は進まないのです。

 

これは絶対的な法則です。

 

サッカー選手になりたいと思っていたけど、

実際今はなっていない。

であれば、今までの人生で必ず、「自分にサッカー選手は無理だ」と思った瞬間があるはずなんです。

 

そう思わなければ、また人生は変わっていたでしょう。

 

でもサッカー選手になっていても、いなくても、

どちらも素晴らしい人生なんです。

 

それなのに、

不満や愚痴を、今の現状に対して言う人は、すぐに疲れるはずです。

 

しかし、

その不満や不安を言う現状を選択してきたのは誰でしょう?

 

他ならぬ、あなた自身です。

 

その中で楽しいことをチョイスして、

こうなったら楽しいけど、今も楽しいよねって言えることが、

日々を疲れない人です。

 

そうはすぐになれないと思うひとが多いかもしれませんが、

そんな見方をしてみても、

損する事はなにもないはずです。

 

私たちは、

何も持たずにこの世に生まれてきました。

そしてその時点で100%幸せな存在です。

 

もし、お金や子供や生活が幸せの基準だとしたら、

生まれてきたばかりの赤ちゃんは全員幸せではない存在になります。

 

そんな事はありませんよね?

 

私たちは、何も持たずに生まれ、何も持たずに死んでいく存在です。

それこそがすでに幸せではないですか?

 

身体にいいとか悪いとかって…

身体にいいとか悪いとかって…

現代の情報がありふれた社会では、

ネットやテレビ、雑誌で様々な、

健康情報が取り上げられ、

長寿の秘訣はこれだ!とか、

癌にならない人はこんな食材を食べていたとか言います。

 

そんな情報があればみんな飛びついて、

その食材だけスーパーから一瞬で消えたりしますね。

 

自分は健康でないと思う人が、

健康そうな人の食べてるものの一部に部分的に食いついても結果は変わりません。

 

例えば、

天然酵母の玄米パンを食べてる人が、

血圧も安定し、健康だったとしても、

じゃあその玄米パンだけを真似して意味があると思いますか?

 

その人が玄米パンを食べているから、玄米パンが健康にいいのであって、

普段から、

毎日慌ただしく立ちながら、イライラしてパンを食べるような人が、

パンだけ玄米パンに変えてもあまり効果はないのです。

 

なぜこの人が玄米パンを食べていれば健康になっているのか?

 

食べているものだけでなく、もし真似するなら、

この人の暮らしむきそのものも含めて全部を真似しないといけないです。

 

食べるものも大切なんですが、

それ以上に大切なのは、

その食べ物を、美味しいね、幸せだねって感じながら食べるって事だと思います。

 

ただ、身体にいいから食べるとか、

これは身体に悪いから食べないとか、

農薬や添加物いっぱいだから病気になるとか、

そう言う判断基準でしかみんな考えていないですね。

 

だから、コンビニ弁当しか食べていないのに、健康な人がいて、

徹底的に食に気をつけているのに、癌になる人がいるんです。

 

本当に、健康にいい、悪いってどう言うことか、

もう一度考え直したいところですね。

 

食べ物そのものに、

人を元気にする力があるのではなく、

その食べ物を食べて元気になれる身体が素晴らしいだけなんです。

 

今の世の中、

薬やサプリを飲んで元気になったとみなさんおっしゃいます。

でも、

食べ物にあるビタミンや、薬が言い訳じゃないんです。

それを食べて、元気になれるあなたの身体そのものがいかに優れているか、ということではないでしょうか?

 

不安や不満があると言うこと

不安や不満があると言うこと

不安や不満があると言う事は、

「こうなりたい」「賞賛されたい」「こうはなりたくない」と言うような、

想いがあるからこそです。

 

現代の社会常識的には、

健康である事、お金がある事、できる事が成功、

不健康、貧乏、できない事は失敗と、定義づけられているそうです。

 

ですが、

本当にそうでしょうか?

 

病気にならなければ、健康であることを実感する事はできません。

貧乏を経験する事がなければ、お金の価値を知る事はありません。

できないことがなければ、できた!と言う体験は経験できません。

 

と言う事は、

全ての経験は成功でしかないはずなんですね。

 

色々な経験をするために、

僕たちは日々生きている。

 

色々な経験をすることが全ていいことでしかないなら、

本来は、不安や不満も出るはずがないんです。

でも、

不安や不満を感じることがなければ、

全ての経験はいいことでしかないと言うことに気付く事はありません。

 

そのことに気付くために、

私たちは、不満や不安を感じているのかもしれませんね。

 

まとめ

不安症、不安障害、パニック障害の常識を壊し、新たな世界へ

 

所ジョージさんは、

こんなお話をされています。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

毎日のちっちゃい幸せじゃなきゃ意味ないよ。

 

毎日が幸せだったから死ぬときも幸せだったなあって感じるわけで。

だから、不満は持たないことが大切なんじゃないの?

日々不満や不安の塊じゃダメなの。

不満なんて、いくらでも言えるからね。

 

みんな1個のところで止まっちゃうんだよ。

例えば、ロレックスの時計が欲しいけど、金がない。

なんで同じ社員なのにあいつはロレックスで、俺は一日1000円のおこずかいなんだよって、不満になっちゃう。

 

そんな考えだったら不満しか出てこないよね。

今ある中で楽しむことが大事なんだよ。

 

ロレックス屋さんに行って、パンフレットもらってくるとかね。タダだから。

で、そのパンフ切り取って、ダンボールを時計型に切り取って、貼れば、

ダンボールロレックスの出来上がりだよ。笑

 

服の腕からチラチラ見えるくらいならバレないよ、多分。

工作的な楽しさもあるしね。

金持ってる奴には味わえない楽しみだよね。

 

金なくても楽しそうな奴みてると、

お金も持ってる人が羨ましいじゃなくて、

金持ってる人が羨ましがるわけ。

 

あとね、不満を思うほうが簡単なの。

不安や不満は誰にでも言えるからね。

それをいい方向にするって言うのは結構大変でね。

でもそれがすごい楽しいわけなの。

 

いいにしても、悪いにしても、

色々な出来事がやってくると言う事は、その人に存在する価値があるなって事だからね。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

人は、健康や、理想、夢、目標を持って生きる事が良しとされています。

だけど、

それを良しとするなら、

不健康で、理想も夢もない人はダメなのでしょうか?

その価値観で生きることも間違ってはいません。

 

でも、僕は、

どちらの経験も、

全ては、いい方向にしか行かない出来事なのです。

不安や不満を感じられることこそ、とても幸せな状態なんですね。

 

今、不安に押しつぶされそうになり、不満に溢れている人。

 

その感情だけではなく、

不安や不満をなぜ感じるのか?

ゆっくりと考えてみてください。

 

自分が今幸せで楽しい人生の真っ只中であることに気付くはずです。

 

このブログが、

あなたの生き方を豊かにするキッカケになれば嬉しく思います。

 

なかなか、ブログで伝えることは難しいなと感じますし、

乱文でわかりにくいことも多いと思います。

ぜひ、ご興味ある方は、ご質問ください!

 

それでは今日はこの辺で!