不眠症を改善することに囚われていませんか? 不眠症を通して自己を振り返る

おはようございます。

整体庵大空の下大前です。

 

今日は、

 

『不眠症を改善することに囚われていませんか? 不眠症を通して自己を振り返る』

 

というお話です。

 

 

「自分はもしかして不眠症かな?」

「病院で不眠症と診断され、睡眠導入剤を処方された」

という方は、年々増え続けています。

 

なぜ、これほど不眠症という現象が拡まり、

日本人を苦しめているのでしょうか?

 

初めに、お話したいのですが、

僕は、不眠症を病気でもなく、症候群でもないと思っていて、

そもそもそんな現象すら存在しないと考えています。

あなたは今、不眠症で悩んでいるかもしれませんが、その辛さの原因が、睡眠にはないかもしれません。

僕は、このようなお話を整体に来る方にもお話しています。

すると、

「昼間の集中力のなさも、耐えられない疲労感も、この辛さは眠れないことが原因だと思う」

と言われることがあります。

 

しかし、不眠症を解消する上で、

大切なことは、「不眠症を解消すること」ではありません。

 

不眠症を通して、自分を観つめることではないでしょうか?

 

現代では、不眠症を解消することに意識が向いているので、

睡眠導入剤や、カウンセリング、認知行動療法、睡眠音楽、高級なオーダー寝具などで、

なんとか睡眠を取ろうとしていますよね。

 

確かにそれも一つなのかもしれません。

それで救われている人も、いることは確かにいるからです。

 

それでも、

僕はそれとは違う次元で、不眠症という現象を捉えています。

僕にとってみれば、

先ほどお話したような睡眠導入剤などの方法は、不眠に対する対症療法です。

 

対症療法とは、痛みなどの症状を消すための方法で、根本的な部分には触れない治療法ですが、

痛みには痛み止め。

発熱には、解熱剤。

下痢には、下痢止め。

不眠には、睡眠導入剤や寝具。

 

という感じです。

 

では、不眠症の根本的な部分とは、一体なんなのでしょうか?

 

ここを考える上で大切なことが、「不眠症を通して、自分を観つめること」です。

 

どのようにして、不眠症を通して自分を観つめるか?

その考え方のヒントを今日はお話してみたいと思います。

 

 

ご興味ありましたら、このままお読みください。

 

ー今日のお話ー

  1. 睡眠の常識を否定する?
  2. なぜ日々が楽しくなくて、不眠に悩むのか
  3. 不眠症という病気はない
  4. まとめ

 

睡眠の常識を否定する?

睡眠の常識

睡眠の常識というと、

  • 早めに寝ることがいい
  • しっかり寝ないと疲労が取れない
  • 7時間前後の睡眠時間が一番健康にいい
  • 午後10時〜午前2時の間に成長ホルモンが分泌される
  • 寝入りがよく、夜中に目が覚めないのがいい

などが言われています。

 

これらの常識を前提にしてしまうと、

今日のテーマである「不眠症を通して、自分を観つめること」ことが、

できません。

 

なので、まず、睡眠の常識に疑問を持ってもらうために、

僕が、普段整体に来る患者さんにお話している考えをお伝えしてみたいと思います。

 

 

眠れないなら、眠くなるまで起きてることも一つ

睡眠できないときは、睡眠しなければいい

布団に入って、すぐ寝れる日もあれば、数時間眠れないこともあるかもしれません。

専門的には、「入眠障害」という状態ですが、

これも別に障害ではありません。

 

僕たちは、どこかで、睡眠時間は◯時間は必要とか、

睡眠リズムが大切だから◯時には布団に入る、などという、

ある意味「睡眠の常識」を設定しています。

 

しかし、本来睡眠時間は、

個人差があり、さらに個人でも季節、体調、心理状態、活動量などにより、

バラバラで、

そんな睡眠時間に目安や、ベストな時間など存在し得ないのです。

 

であれば、

同じ時間に布団に入って眠れない日と寝れる日があって当然なのです。

 

「以前はこんなことはなかったのに…」

そう思われる人もいるかもしれません。

 

ですが、

人の体は日々変わり続けています。

少し前は眠れたのに眠れないこともあり得る話で、

それを正常か、異常か、を判断することはできないのです。

 

であるとすれば、

寝れない日は、寝ようとするのではなく、

眠たくなるまで、寝ずに何かするのも一つではないでしょうか?

 

そして眠くなれば、眠りましょう。

 

「いやいや、寝ないと明日がしんどいじゃないですか…」

そんなことを思うかもしれませんね。

 

そこには、もう一つの常識があるからかもしれません。

 

寝ないと本当にしんどい?

睡眠とは?

「寝ないと明日がしんどい」確かにそうかもしれません。

 

特に、学校や、仕事の前の日に、眠れないと辛いかもしれません。

でも、

翌日が、楽しみな旅行や、趣味で出かける日の前日眠れなかったとしても、

翌日がしんどいでしょうか?

 

楽しいことであれば、寝不足だろうが、腹ペコだろうが楽しいのではないでしょうか?

 

釣りが趣味の人なら、

夜中に車で走って、めちゃくちゃ寝不足でも、

翌早朝から釣りができるでしょうし、

朝食を忘れて釣りをしていることでしょう。

 

でも、これが仕事だと…

「やらなければいけないこと」

になるので、

そうは行かないかもしれませんね。

 

このことから、結局のところ不眠症というのは、

「毎日が楽しくない」から起こるのではないでしょうか?

 

小さい子供は、

遊んでいるとずーっと遊んでいますよね。

そして、まだ遊びたいけど、遊びながら寝てしまうみたいなことがあると思います。

そして、目が覚めたらまた遊ぶ…の繰り返しです。

 

これが本来の人間の姿なのかもしれないなと、僕は子供を見ていて思うのです。

睡眠は確かに、動物にとって大切なことです。

生まれてから、死ぬまで一睡もしない人はこの世にいません。

 

しかし、生きる上で睡眠は大切ですが、

睡眠のために生きているわけではありません。

 

日々辛い義務感の中で生きるために、

眠ろうと努力することは、

僕は本末転倒ではないかと思うのです。

 

不眠症で悩む方に、こんな質問をよくしています。

 

「あなたは日々の生活が楽しいですか?」

 

すると、ほとんどの方は、不眠で疲労感があるので面白くない日々です。と答えられます。

これは少し勘違いをされています。

 

不眠だから日々が面白くないのではなく、

日々が面白くないから不眠を感じているのではないですか?

 

そう考えることが、不眠症を根本的に解決する第一歩ではないでしょうか。

 

なぜ日々が楽しくなくて、不眠に悩むのか

不眠症に悩むのはなぜか

「毎日が、楽しくて仕方ない」

こんな童心で生きていれば、

おそらく現代の9割以上の病にはならないのではないでしょうか。

 

しかし、

学生から社会人になるにつれ、

僕たちは、「こうあるべき」という常識で塗り固められて生きて行くことになります。

この中には、とても大切なことが含まれていることは間違いありません。

人の接し方や、道徳的なこと、友達との出会い、など

人生において様々な経験と知識を身につけます。

 

しかし、現代はあまりにもそれがいき過ぎているように思います。

その結果、

まるで、学校教育のように、人の存在にも、「正解」と「不正解」ができているように感じます。

それは言い方を変えれば、人の個性を認めない社会とも言えます。

その結果、

自分を抑え、理想の自分像であるように演じていたり、

人に認められるために努力を重ねたりして、

自分の思いとは逆のことをしているのではないでしょうか。

 

僕自身も、自分を振り返って、まさしくそんなことをずっとしていました。

 

そんな日々は、楽しくないに決まっていますよね。

 

もうそろそろ、

人は、本来自由であることに気づくことが大切な時ではないでしょうか。

 

とある住職さんのお話ですが、

「人は生きていて、やらなければいけないことは一つもない」のだそうです。

 

では、何が大切か?

 

それは、「あなたが楽しいことして、あなたらしく人生を生きること」ではないでしょうか。

現代は、

あまりにも正解の理想像が強過ぎて、

自分らしいとは一体何か?を忘れてしまっているのかもしれません。

 

「もし、自由にやりたいことをやれるとしたら、あなたは何をして生きますか?」

 

一度考えて見て欲しいんです。

これは、空想でも、夢でもなく、

それに向かって生きていいのです。

そういう時代です。

 

不眠症という病気はない

不眠症という病気はない

ここまで、読み進めていただければ、

不眠症という病が、

そもそも存在しない病であることはおわかりいただけたのではないでしょうか。

病気ではない病に治療の必要はありません。

 

特に、睡眠導入剤を服用する事は、その薬自体にとても怖い作用があるので、

気軽な服用には注意が必要です。

 

今あなたに必要なことは、

不眠症をどう解消するかではなく、

睡眠の常識から脱却して、日々の生活をあなたの心のまま活き活きと送ることではないでしょうか?

 

寝ることが惜しいくらいに、あなたの情熱を注げることはなんでしょうか?

 

「楽しいことなんて、そもそもそんなにないし…」

という方もいるかもしれません。

 

これも、とある住職さんに聞いて話ですが、

「人は満たされていると何もやりたいと思わなくなる」

のだそうです。

 

やりたいことがない、

情熱を注ぐこともない、という幸せもあるのかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

不眠症を解消し、新たな世界へ

いかがだったでしょうか?

今日は、不眠症で悩む方に睡眠の常識を疑うことと、

不眠症を通して自分を見つめることをテーマにお話してきました。

中には、語弊のある言葉もあったかもしれません。

 

ですが、

僕たちが普段前提にしている、「常識」を疑い、考えることで、

見えてくるものもあるのではないでしょうか?

 

僕は、自分の考えを肯定する気もないし、

他の業界を否定する気もありません。

あなたにとって、何が良いかを決めれるのは、あなた自身です。

全ての情報を鵜呑みにせず、

自分の価値観で、決めることが大切です。

なので、今日は睡眠の常識を、あえて否定する文章で、書いてみました。

ぜひ、睡眠だけでなく、

色々な常識や、前提を疑ってみてみてください。

 

また、わからないことがあればどんどん質問してくださいね。

 

それでは今日はこの辺で!